子ども虐待防止策イベント in 奈良 2021

こんにちは、「ひろしの会」 代表 尾上翼です。

 一回目の記事を読んでくださって誠にありがとうございます。 

 まずイベントの概要からお話せていただきます。
 このイベントは、 

1.3人の虐待サバイバーが自分の経験を語る 
2.子ども虐待に関する基礎的なことを今一生さんが解説 
3.サバイバー、政治家、市民が「新しい子ども虐待防止策」を議論する

 この機会に奈良県の虐待をなくすため、奈良県で「短期民間養護施設制度」を作りたいと考えています。
 簡単に言いますと、子どもの一時的な預かり、保護をする施設を作り子どもが親からの虐待を受けたときに逃げてこれる場所です。

 現在、オレンジリボン運動が普及しています相談ダイヤル「189」に電話をして保護されているのはたったの16%
 100人中16人が保護され残りの84は保護されないまま終わって虐待家庭にいるのです。
 どう思いますか?

 私は、このような子どもたちを助けたいと考えています。
 だからこそこの「短期民間養護施設制度」を奈良県で行い、虐待のない古都、奈良を作りたいと思います。
 そのためには、今一生さんをはじめたくさんの方のご協力が必要です。

 そこでスタッフを募集します!
 スタッフになりたい方は、こちらの開催マニュアルを読んでいただくようお願いします。
 読んでいただいたうえで、こちらのメールアドレスに自己紹介文を添えてメールしていただければ嬉しく思います。



いいね

ストック

関連記事