フォロー コンタクト

知り識り、答え応えれる私へ

「知る」 とは心で物事を理解する。知るは蓄積され識るへと変化していく。「識る」 とは知りえて蓄積された事柄である。蓄積を経て既に知っている事柄を知識といい、知識から気が付く事、判断するを認識という。知る事の繰り返しが「識る」事に大きな影響を与える。答えることは、相手からの質問や問題といった自分に向かってなげかけられたことに対してしてすることである。応えるは相手からの要望や期待働きかけに対してである。この二つは相手がいることに対して行うことである。相手に答え応えるには識るということが大事になる。ウィキペディアのような言葉を並べてみたが、この言葉が簡単に表現できるようになりたいと思っています。その...

MENU