フォロー コンタクト

周囲の幸せを自分の幸せに

正直なところ、将来・数十年後の未来での理想像というものは自分の中でもかなり不明瞭で「どうなりたいか」というビジョンは特にないのが現状です。ビジョンというものを考えたとき、私自身は「どうなりたいか」より「どうしていきたいか」という観念の方が強いかな、と考えています。これまでの人生や現状を考えると私としての喜びや幸福というものは、関わっている人が喜んだり、満足していること、だと思っています。もちろん自身が満足することも大事ではあるのですが、それよりも周りの人の喜びの一端を担えることの方が自身の満足度を得られるように思います。なので家族・友人・仕事など自分と関わる人々の幸福・満足度を上げていけるよう...

MENU