はゆ
フォロー コンタクト

ヒストリー

出身地

埼玉県

中学・高校時代

高校生の時に家族で韓国旅行に行ったことがきっかけで、日本以外のアジアの国に関心を持つようになりました。正直、当時韓国に持っていたイメージはキムチと焼き肉という”食文化”くらいしか思いつかなかったので、訪れたソウル市内の洗練された街並みやお洒落なお店、またパッケージデザインの可愛い韓国コスメ等デザイン性の高さの魅力に触れ、一気に興味が沸き、毎週土曜日に行われた文化選択の授業では韓国文化の授業を受講していました。
それからは周りがバンドミュージックにハマる中、韓国だけでなく台湾やタイの音楽を聴くようになりました。当時は今のように若い人たちがK-POPを聞くという風潮が浸透していなかったので、変人扱いされたことも多々ありました。


大学・専門学校時代

韓国語を勉強していく中、生まれて初めて勉強の楽しさを感じ、もっと上手になりたい!という向上心が芽生えました。そこからもっと専門的に学んでみたいと思い、外国語学部の韓国語学科へ入学しました。
クラスメートはみんな韓国はもちろん、アジアに興味のある方たちばかりで、趣味の合う友人にたくさん出会えることができ、人生の中で一番楽しい学生時代でした。
また、2年生には韓国ソウル市の大学へ交換留学生として1年間生活し、生まれて初めての一人暮らしを経験。韓国留学中も市内の美術館巡りをしたり、洗練されたアート作品に触れる機会が多く、”デザイン”に関心を持つきっかけになったのではないかと思います。
アルバイトでは韓国の洋服をECサイトで輸入販売する会社でSNSの更新を担当し、ネットビジネスに関心を持つようになり、就職活動もIT関連の会社を中心に応募していました。

職歴

職歴
201X年 4月インターネット広告代理店(営業職)
201X年 12月百貨店(販売職)
201X年 4月外資系の旅行代理店(WEBデザイン職)
2018年 10月クインテット入社

二社目の百貨店で働いた日々が、自分の社会人生活に大きな影響を与えてくれたと思います。

老舗百貨店ということもあり、どんな細かい業務にもルールや決まりが存在し、入社当初は全てを覚えることにただ必死で、どうしてここまで決められているのだろうと疑問を持っていました。しかし、業務を覚えてこなしていけるようになった時には、その決まりにはお客様を最高の接客でお迎えするための理由があるということに気づかされました。

また、パートタイマー等、働き方がその人のライフプランに合わせて多様化していたのですが、働いている方一人一人がどんな立場であっても仕事に責任感を強く持って働いていたことに衝撃を受けました。従業員が一丸となって意識を高く持ち仕事に取り組むことで、百貨店ブランドの名に恥じない最高の接客ができるということ、またそれは特別な誰かにしかできないことではなく、きちんとしたモチベーションを持つことで誰でも接客の”スペシャリスト”になれるということを知りました。

売り場自体もキラキラしていたのですが、何よりも従業員一人一人が常にお客様をわくわくとさせるようなパフォーマンスを発揮し、キラキラと働いている環境で毎日仕事ができたことは今でも大切な思い出です。

ここで学んだ社会人としての責任感、モチベーションを保つことを常に忘れずクインテットでの業務に生かしていきます。