フォロー コンタクト

ビジョン

一流であること

私にとって一流な人の定義は、①自身の仕事のスキルがある。②自身の仕事を常に学びつづけ進化している。③他者に対して、謙虚で常に傾聴の姿勢を絶やさない。この3つです。

こう記述すると私は全く一流ではありません。だから学び続けたいと思っています。

しかし私は自身が一流でなくても、もし一流とは何か?を知っていれば、一流のものやサービスを作り出すことはできると思っています。常に自身の作り出したものが、一流か?と精査して、そうでなければ改善を続ければよいからです。

そしてものつくりはチームプレイです。個々のメンバーが弱くても、チームとして高いパフォーマンスをだせば、良いものつくりができると信じています。

 

果たしたい貢献

  • 私は長い経験から、普遍的な将来を決め打ちする事をしないようにしています。よって私は今を充実させることによって、その延長線上に足跡が残るとよいと思っています。私の貢献が、将来の何かにつながることは、とて
  • "も良いことですが、それは私が決めることではなく、他者が決めることだと思っています。 私は今現在、他者や会社に貢献する事に集中することで、まわりまわって将来の何らかの創造に貢献できるとよいと思ってい"
  • ます。

手にしたい未来

  • 私の手にしたい未来は、その未来を生きる人によって称賛される未来です。それは今の私が決めるものではありません。世の中の価値観や見方は常に揺れ動いています。よって今、未熟な私が普遍的な未来を想像しても、そ
  • "れが正しいとは限らないと思っています。 私は今を誠実に生きること。目の前にあるものを誠実に処理していくことによって、どれかが将来の世界の人々に受け入れられ、称賛されるとよいと思っています。それが、"
  • "私が将来に残したい足跡です。ひょっとしたら何も評価されないかもしれません。 でもそれでもいいと思っています。それを決めるのは私ではなく、未来の人々ですから。"

武藤 英之さんのビジョンに共感

MENU