フォロー コンタクト

社会科学の力で世の中から不合理を無くす

「この世から不合理と不条理をなくす」を究極の大目標として人生をかけて活動しています。それを地道に達成する手段として、社会のメカニズムの解明とその伝達を中目標にしています。そのための手段として、データがそろうものは学術論文として、データが揃わないが論理的にありうるものは創作文学として発表しています。代表著作は『イノベーションを生む“改善”』(有斐閣)で、これは文字通り魂を込めて取り組んだ著書です。というのも、この研究にのめり込みすぎて、一日3~4時間睡眠を5年ほど繰り返しているうちに帯状疱疹と原因不明の一時的な失明になってしまったほどです。この研究でおそらく寿命をかなり縮めたと思いますが、それで...

MENU