かんた
フォロー コンタクト

ビジョン

世界中の人々が何歳になっても子どものように夢に向かっていける世界

夢に向かう

今までの人生で思い出に残っていることは何ですか??

何がなんでも叶えたい夢や成し遂げたいことに向かって全力で取り組んだ経験は、一生ものの思い出になり財産になります。夢を持ってその夢に向かって生きていける世界を創造していきます。


子どものように

子ども頃はみんな夢をもっています。僕自身もそうだったのですが、大人は良くも悪くも現実を知り、自分の可用性に限界を決め、夢を持てなかったり、できるかできないかで夢を考えてしまうことがあります。大人になっても、子どもの頃のように純粋な夢を持っていたいです。


何歳になっても

夢を持つことに年齢制限はありません。みなさんご存知のカーネルサンダースは65歳から会社を立ち上げケンタッキーを世界に広めました。僕自身も60.70歳になっても死ぬまで夢を持って生きていきます。


世界中の人々が

日本はとても裕福でやりたいことは何でも挑戦できる環境なのに夢を持っている人が少ないです。なので、まず「日本を一人一人夢を持っている国」にします。そして、世界中の人々が夢で繋がり合える世界を創ります。同じ夢を持ってる人が集まると考えられないくらいの力を発揮するはずです。

残したい世界

  • 否定や差別のない世界
  • 世界中の人々が夢で繋がる世界
  • お互いの夢を応援し合う世界

果たしたい貢献

  • 1人でも心からの夢を持つ人を増やす
  • 夢を語れる広場をつくる
  • 夢で人を繋げる

手にしたい未来

  • 世界100ヶ国を旅する
  • 宮本寛大が生きた証を残す

かんたさんのビジョンに共感


{{row.labelTextForDisplay}}

さらに前のビジョン