西村 直峰
フォロー コンタクト

ヒストリー

出身地

佐賀県佐賀市諸富町

幼少期の暮らし、体験

佐賀県佐賀市諸富町に生まれた。家族構成は父と母と祖父母に育てられた。祖父の影響により、野球が好きになる。

小学校は伊万里小学校に入学し、小学4年生で伊万里愛球会に入部。野球の基礎を厳しいコーチ陣から体に染みこまされる。

5年生で転校し、二日市北小に転入。筑紫野サターンズに入部。ここでは一転野球の楽しさを学ぶ。最高学年になり最初は勝てず苦悩の日々が続くが、秋には団結し、市長杯優勝。


中学・高校時代

中学時代は諸富中学校野球部に所属し、1年時は全国優勝という貴重な経験ができた。先輩たちに憧れ自分たちの代ではチームとして3回目の全国制覇を成し遂げると決意。中学1年秋からレギュラーとなり試合出場。3年間大きな怪我なくプレーできた。中学3年では投手として九州大会出場。1回戦でサヨナラ逆転ホームランを被弾し、今までで一番悔しい思いをする。

高校では佐賀西高校野球部に所属し、甲子園出場を目指し「一球無二」の精神のもとプレー。一球無二とは佐賀西高校のOBであり、さらには野球殿堂入りされてある伊丹安廣氏が残した言葉であり、チームとして大切にしている言葉である。1年秋からレギュラーとなり試合出場。主に内野手。3年春に恩師の転勤により、チームの心が乱れる。しかし皆と話し合いチームをまとめる。3年夏は主将として県大会2回戦で敗退。最高成績は1年秋のベスト4。

大学・専門学校時代

もともとは指定校推薦で他大学を狙うも、失敗し、そこから猛勉強した。偏差値を10ほど上げることに成功し、一般入試で西南学院大学経済学部経済学科へ入学。

大学でも野球をすると決めており、硬式野球部へ入部。

2年春に顔面デッドボールを受け、緊急搬送。人生最大の痛みをうける。あまりの痛みに気を失いかける。そして鼻骨、眼底、頬骨をそれぞれ複数折る大怪我。手術をすることになり、2ヶ月休むが、その後復帰。生きることは当たり前じゃないことを身をもって学ぶ。

3年時から企画部も兼任し活動中!

職歴

居酒屋⇨コールセンター。