フォロー コンタクト

ビジョン

居場所のある人は幸いである。

 どのような境遇であれ、居場所があれば頑張れるし、孤独ではありません。人は成長するにつれ、学校や習い事、部活、たまり場、職場などを居場所として、社会と接していきます。けれども学校や職場になじめず、そのままドロップアウトしてしまうと、プツン。社会から遮断されてしまいます。

 誰もが自分で居場所を作れるわけではありません。そのような人の居場所を作ることができたなら、救われる人は少なくないでしょう。 物理的な空間でなくても、インターネットが担う役割もあります。適切に運営された掲示板やコミュニティサイトにはそのような社会性があるのです。また、管理部という立場からは、ここクインテットで働くみんなにとって会社をよりよい居場所にすることも重要な使命です。

残したい世界

  • 誰にとっても居場所は大切だ。許容されることも。

果たしたい貢献

  • ひとりひとりができることをできる範囲で。積み重ねは大きい。

手にしたい未来

  • 爪痕を残す。自分の命をどう使うかだ。

木谷 太郎さんのビジョンに共感