木下 泰晴
フォロー コンタクト

ヒストリー

出身地

福岡県

幼少期の暮らし、体験

沢山の大人に抱っこされ可愛がられました。そのお陰で今はどんな人と話すのも大好きです。

歯並びが綺麗になるように とスルメを噛まされ育てられ、今ではとても綺麗な歯並びに。

幼稚園では泥だんご作りに熱中。壊し合う事件が起きてからは泥だんごチームを結成し、見張り員、材料調達員、制作班、など組織化する事により、平和をつくった。

中学・高校時代

沖学園高等学校で刺激的な学園生活を送る。動物園の様な個性豊かな仲間ととにかくキツくてとにかく楽しい毎日を過ごした。主将として人の上に立つ厳しさ、監督や上から求められる嬉しさ、様々な経験を通し、成長させてもらえる最高の環境で野球を経験。

スタッフ不在の時期もありチームが本当に壊れた時期もあった。そこから一つずつみんなと作り上げた。ゼロから作り上げる大変さと楽しさをその時に知った。

福岡県ベスト16 シード獲得

福岡高等学校野球連盟優秀選手表彰受賞

古い沖学園を知る最後の代であり、新しい沖学園を知る最初の代。縦じまのかっこよさは変わらない。

大学・専門学校時代

高校野球引退し、観戦していた西南vs福大 西福戦

9回裏西南 サヨナラホームラン

この時のベンチとスタンド、チア、ブラバン 緑のまとまりがカッコよくて鳥肌が立ち、ここに行きたいと決めた。

そこから猛勉強し西南学院大学に入学。ビリギャルと呼ばれた。

プレーでは満足する結果を出せず苦しむ時期が続いた。

しかし今はあの時見た緑を超えるチームを作りたい。その為に自分に出来ることをしたい。

リーグ戦に出たことない僕に副主将として求められていることは何か。考え、みんなを巻き込み、行動していく。

野球以外では、アルバイトをする時間を自分にしかできない形にしたいと思い、革製品ブランドの経営をしている。

ゼロから1を生み出す発想力と、人を巻き込む事の出来る力で、木下泰晴にしか出来ない「革×野球。理想の文武両道」を実現したい。

職歴

革製品ブランド 「Copain.」代表