フォロー コンタクト

性別、年齢、国籍、立場などに関わらずさまざまな人と出会い、価値観に触れていきたいと考えています。将来は、抽象的ではありますが、「広い視座から物事を考えられ、精神的に余裕がある人間」になりたいと考えています。

MENU