自分で選択する責任

私は高校から大学への進学は内部進学だ。

そのため、あえて言い方を選ばず言うと、高校の成績さえよければ好きな学部に進学できるのだ。

高校の成績は正直良かった。しかも理系にいた。だから結構色んな学部に進学できるチャンスがあった。

しかし、私は文系の学部に進学を決めた。

先生にも親にも反対された。

だけど自分の選択を変えなかった。

正直、気持ちが揺らぐこともたくさんあった。ここまで頑張ってきた理系を捨てるということにすごく抵抗もあった。今までたくさん助けてくれた先生や親を裏切ることにならないか心配だった。理系に進んでたらよかったのにと思わないか、思われないか不安だった。

だけど自分の選択を信じた。

それは私が人生で初めてこれがやりたいと強く思うものと出会えたからだ。それを信じたかった。やらないで後悔することをしたくなかった。

自分の選択を押し通した分、全力で楽しんで自分のものにしないといけないと感じた。


今、大学に進学して半年が経とうとしている。
まだ私の選択を間違ったとは感じていない。それは全力でたくさんのことに挑戦できたからだ。


自分の選択に責任を持つということ。
今、たくさんのことを抱えて、何をやっているのか、何のためにやっているのかわからなくなっていた私にもう一度頑張るきっかけをもらった。


何のために、誰のためにじゃなくて、
まずは自分のために。頑張り続けていきたい。