私にとっての多職種連携

こんにちは!
島根大学医学科5年のゆいです。
今回は、私がSiPSに参加しようと思ったきっかけについて、少しお話出来たらと思います。

私が大学3年生の夏休み、実家がある北海道の病院で3日間の実習をさせていただいたことがあります。そこは地域密着型の中規模病院で、訪問看護や介護福祉施設も併設されていました。

1日目の実習で、介護福祉士の方について入浴介助を手伝わせていただいたり、認知症の方のお宅に訪問させていただきました。これまで医師の診察を見たことはありましたが、介護福祉士の方の仕事を見るのは初めてで、全てが目から鱗でした。
医師や看護師と同じように、介護福祉施設でもカルテのようなものを用いて患者さんの情報を共有していたのですが、あまりの内容の違いに驚きました。
家に入ったときのスリッパの置き方から、体位変換の手順まで細かく書かれていました。
「こんな細かいことにも配慮してケアを行っているんだ!」と私が驚いていると、担当の介護福祉士さんは、「何を大切にしているかはそれぞれの人によって違うんです。こちらがそれを重要かどうかを決めることはしませんよ」と言ってくれました。

また、認知症の方のお宅に訪問した際は、介護していた娘さんのお話がとても印象的でした。「訪問診療をしてくれている医師とはじっくりお話できる時間がない。」「〇〇先生に見放されたらもう診てくれる先生はいないから、なかなか本音は言えない」「よく分からなかった説明も、聞き返したら不快に思われないか不安で分かったフリをしてしまう」
医師という職種であるだけで、これほどまでに心理的圧力を与えることになるんだ、と衝撃を受けました。医師の診察を見ていただけでは絶対に分からなかった患者さんやその家族の想いに触れてることができて、本当に良かったと思います。
私にとって、多職種連携の重要性を実感する大きな分岐点になったと思います。

この経験は医学生みんなと共有したい!と思っていましたが、どういう場でどんな形であれば伝わるのか一人ではなかなかアイデアが浮かびませんでした。
そんなときに同期のはくちゃん(元作業療法士)がSiPSという面白いサークルを立ち上げる話を聞いて、便乗させてもらいました。医療だけでなく様々な職種の方が参加して、まさに私が求めていたような場所でした。
SiPSとしての活動にはまだまだ貢献できていませんが、私も微力ながら関わっていけたらいいなと思います。


いいね
MENU