空気を読める人間に

2 大学生 金融 経済 FX

いいね

みなさんこんにちはこんばんは、

寝違えた首が2日経っても治りません、露木です。


昨日の大学終わり、

バイトに間に合うか間に合わないかの瀬戸際で駅に行きました。


広い駅なので、下りエスカレーターが2本あるんですけど、

まぁどっちに乗ろうか一瞬は悩むじゃないですか。

スーパーのレジでどっちがより早く終わるか、的な感じで。


そこで私が選んだのは左のエスカレーターでした。

そっちの方がより人が少ない気がしたんです。


そうしたら、


エスカレーターの右側を勢いよく下ろうと思ったその時、


私の目の前でおじさんが一歩も歩かずに立っていたんです。


なぜわざわざ右側で止まるのかわからない。


けど、そこで退いてくださいとも言えない。


ただ気持ちだけ急かされて、

最後までおじさんは歩いてくれませんでした、、


ここで誤解してもらいたくないのは、

そのおじさんが右側に立っていること自体が悪いと言いたいわけではないということです。


おじさんはもともと関西の人かもしれないし、なんならエスカレーターに乗るのが初めてかもしれない。


でも私が言いたいのは、

周りの人が左に乗ってるんだから左に乗ろうよってことです。


周りの人に全ての行動を合わせなければいけないとは思いません。

ただ、みんなが左にいて、後ろの人がつっかえているのなら、ある程度"空気を読んで"ほしいんです。


これは日常生活やビジネスのいろいろな事に通じると思います。


ある程度周りの人の気持ちを読んで、

やらなきゃいけないことを早め早めに行動してくれる人は重宝されます。

その人がいれば安心だ、という印象をもってもらえます。


自分は周りを見て行動する、

そんな気の利いた人間になりたいと改めて思わされました。


という半分教訓、半分(ほとんど?)愚痴のブログでした!笑


あ、日記はどうなったかって?


ちゃんと続けてますよ!

みなさんに言わなきゃいけない危機感が

続ける原動力になっています。笑



アカウント登録をするとコメントを書くことができます

関連記事