承認って何?

4 大学生 金融 経済 FX

いいね



最近雨が降る度に天気の子を思い出して、エモい感情に浸っている児玉です。


今回は承認について書きます。


なぜ承認について書くかと言うと、コミュニケーションをとる時に、承認の仕方1つで相手に与える印象が変わるからです。


承認には2種類あります。


「Youの承認」と「Iの承認」です。


僕はサッカーが好きなのでサッカーに例えますが、目の前に惜しくも準優勝したA君がいたとしましょう。


あなたはなんて声をかけますか?


よく頑張ってたよ!!準優勝すごいね!!


これは「Youの承認」から来る「youメッセージ」です。


もしかしたらこれを聞いてA君はありがとう!と言うかもしれませんが、


本当は優勝したかった。もっと頑張れた。


否定的な感情を抱くかもしれません。


しかし次のよう言ったらどうでしょうか?


A君は優勝こそ出来なかったけどA君の頑張ってる姿を見て"僕"は元気をもらった。

A君をみてもっと"僕"も頑張らなきゃなって思ったよ!



これ否定のしようが無いんですよね。だって私の感情を伝えているだけですから。


A君は後者に励まされると思いませんか?


これが「Iの承認」「Iメッセージ」です。


相手を叱る時も同じです。


そんなことしちゃだめじゃねえか!分かんだろ!って言われるのと、


君がそうしてしまったことが悲しい、残念に思うよ


と言われるのでは受け取り方が変わると思いませんか?



もう言いたいことはわかったと思います。


「Iメッセージ」には「愛」があるんです。



より良いコミュニケーションを取るために、この承認の仕方を試してみるといいかもしれません。


以上です。



アカウント登録をするとコメントを書くことができます

関連記事