哲学的存在論をめぐって

13 AGRADA

いいね

  哲学(philosophy)は、形而上学、学問一般と形而下学、独自の考え方の3つのレベルがあります。

  人間(精神)のあり方として、ヘーゲルは絶対的精神、客観的精神、主観的精神を示しました。

  今木曜3限の哲学概論うけてるんだけどまじで何言ってるかわかりません。

  しっかり聞けばわかるのかも知れませんが、、

  今日はなぜ大学生になるとこんなに怠けてしまうのか本気で考えていこうと思います。

  まずは真面目な人とパリピの人の違いを見ていきましょう。

  今日は真面目代表のけいすけことうどすずきくんとパリピ代表のげっちことヒゲノビンノハヤスギンカくんにきてもらいました。

  本当に協力ありがとう。

  そこでわかったことを本日は綴っていきたいと思います。

  けいすけことうどすずきくんは普段からお笑い芸人になりたいという夢があり常にそれに向かって努力を惜しまず頑張っています。ですので授業とバイトの両立がしっかり行われていて一年生の時には月に約7万稼ぎながら単位を落とすことなく充実した日々を過ごしています。

  げっちことヒゲノビンノハヤスギンカくんは、バイトはしているもののサークルの友達の家にほぼ毎日泊まり朝までYouTubeやゲームに明け暮れ夢もなく最近ではスロットで負けまくっているようです。

  このことを聞いて私は考えました。

 

夢ってくそ大事




アカウント登録をするとコメントを書くことができます

No Name (2019-04-26 20:18)

はじめまして!初コメしてみます。

私今32歳ですが、この歳になって哲学や形而上学の
面白さや、自分の人生への応用に役立つ重要性を
少しずつですが理解できるようになりました。

ただ、自分が学生時代は
斎藤さんと同じように何言ってるか意味不明でしたw

人生のちのち、あの時もっと聞いておけばな~
という瞬間が色んな物事についてでてくると思うので、
是非、「今は興味がない」ことだとしても、
将来の色んな可能性を思い浮かべて授業を受けてみることを
お勧めしますよ!

そして、夢ってクソ大事ですよね!

てつこ (2019-04-20 11:51)

この記事を読んで私は斎藤さんのファンになりました。
ゲッチ君はどうしようもないですね。