悲惨な修学旅行①

8 AGRADA

いいね

今回は高校二年生の時の修学旅行について書こうと思います。

私の学校では、3コースから行き先を選ぶことができます。韓国、ベトナム、カンボジアの3つです。私はベトナムを選びました。ベトナムへは4時間くらいで着きます。

現地に着いて、まず思ったこと。それは"空気が臭い"。日本とは違って、香辛料をたくさん使うのでその匂いだと思います。また、水もちゃんと整備されていないため、絶対に飲んではいけません。バスの中で一人二本ペットボトルの水が配られ、一日その水で過ごします。もちろん歯磨きもです。もう日本が恋しくて恋しくて仕方がありませんでした。ホテルでは朝起きて蛇口をひねれば、茶色い水が出てきました。あれ?寝ぼけてるのかな?と思いましたが、あれは確実に茶色の水でした。

また別の日、蜂蜜が有名なところに連れていかれました。そこでは採りたての蜂蜜を試食することができました。そこで特製のロイヤルクリームを肌に塗れ、と言われたので言われた通り塗ったのですが、、、

そのクリームが合わなかったせいか塗った部分が赤くただれてしまいました😂

保健の先生はその場にいなかったため、みんなの貴重な水をいただき、必死に洗い流しまし、なんとか収めることができました。

②に続く



アカウント登録をするとコメントを書くことができます