Pando

くりぷ豚で変わったものと変わらなかったもの


いいね

ネットサーフィンをしていると、ふとこんな記事が目に入ってきました。

The 3 Revolutions of Web 3

1970年代にインターネットが発明され、2000年代にビットコインが登場するまでのWebの歴史がまとめられています。

中盤からは、これまでのWebの問題点をまとめたうえで、近年登場したビットコイン・イーサリアム・IPFSにより、それらがどのように変わっていくのかが詳しく述べられています。

そこで、今回は「くりぷ豚」に関して、従来と何が変わって何が変わらなかったのかを思索してみようと思います。

変わったもの

マネタイズ

広告収入から直接課金へ。

現在のインターネットサービスのビジネスモデルは、無料でサービスを提供し、広告を載せることが主流です。

しかし、ブロックチェーンがベースとなったことにより、価値(お金)の送信がよりやりやすくなり、ユーザーからお金を受け取ることがより簡単になりました。

お金

Google, AppleからEthereumへ。

GoogleやApple、クレジットカードの決済を行う場合、手数料を支払う必要がありました(場合によっては複数のミドルマンを介す)。

しかし、ブロックチェーンがベースになったことによって、このミドルマンがいなくなり、サービス提供者と利用者の直接のやり取りが可能になりました。

さらには、サービスの利用者同士のお金(や価値)のやり取りさえも可能になりました。

ログイン

メールアドレスとパスワードからデジタル署名へ。

Webサービスといえば、メールアドレスやパスワードを使ってログインをすることが一般的な流れでした。

そのため、サービスを利用するには、面倒なフォームの入力作業(アカウント登録)が必ず必要でした。サービス提供者は、アクセスしてくる通信が、どのユーザーのものなのかを特定する必要があるからです。

これに対して、デジタル署名を用いたログインでは、そのような作業は必要ありません。ブロックチェーンがベースとなったことで、ユーザーは固有の情報(秘密鍵やアドレス)をはじめから持っています。そして、ユーザーを特定するための仕組みとして、デジタル署名が使えるため、サービス提供者はすぐにユーザーを識別することが可能になりました。

変わらなかったもの

サーバー・クライアント

中央集権配信。

ブロックチェーンゲームといえば、非中央集権(dApps)を想像します。これを実現するためには、サービスに必要なすべてのステートをブロックチェーンに記録し、そのステートを変更するための方法もブロックチェーン上に記述する必要があります。

しかし、現在のブロックチェーンは十分な性能を備えていません。大量のステートを高速に記録したり、頻繁な更新や複雑な検索をすることはできません。なので、従来通りのリッチなゲームやサービスを提供しようとする場合、アプリケーションサーバーを使用した中央集権的な仕組みを採用する必要があります。

もしすべてのステートとその管理をブロックチェーンに載せることができた場合、クライアントはブロックチェーンとのやりとりを行うインターフェースの機能のみを担います。極端な例を言えば、異なるサービス提供者による同じサービスの提供が可能になるといえます。

データ

データベース。集中管理。単一障害点。

さっきのやつと似ています。現在のブロックチェーンでは、サービスに使用するデータをすべて載せることは難しく、中央集権的な仕組みで管理せざるを得ません。

もし、データベースに障害が起きたり、検閲によりデータそのものがアクセス不能になったとします。そうすると、例えばデータの整合性がとれなくなったり、直近のアクティビティが失われたりする可能性があります。

もし、ブロックチェーンやIPFSにデータを載せた場合、データを保有しているノードが1つでもある限り、失われることはありません。

ほかには、ハッキングにあった場合に、一度に大量のデータが流出する可能性があります。

永続性

サービスの終了が存在する。

いつか終了するもの、というのはWebサービスでは当たり前だと思います。それは、サービスに必要なデータ・機能は、すべてサービス提供者が集権的に保有しているからです。

もし、データや機能がブロックチェーンに載るならば、サービスそのものは永久に存在し続けることができます。きっと、サービス提供者が保有しているものは、根本的なものではなく付加的なものであるはずだからです。

雑記など

最初に紹介した記事にも書いてあった通り、中央集権的な仕組みから非中央集権的な仕組みへとより戻っています。

また、お金の出入りの面からみると、収入の部分は変わった一方、支出の部分は変わっていないと思いました。

これらの変化は非常に重要だと思うのですが、ゲームの面白さそのものとは直接の関係が薄いように感じます。

アカウント登録をするとコメント・質問を書くことができます

MENU