自分の役割

文学部フランス文学科2年東幹也です。

 部員ブログを書くにあたって自分はサッカーにおいて何を書きたいのか、何を伝えたいのかを考えてみたところ、特にこれといったものは見つかりませんでした。なので、この部員ブログでは自分自身の振り返りをしていこうかなと思います。拙い文章ではありますが最後まで読んでいただけると幸いです。

 まず、私は大学サッカーをやるつもりは微塵もありませんでした。なので大学サッカーのリーグ構成や主要な大会なども詳しく知りませんでした。高校生の頃から想像していたダラダラと過ごし、課題に追われ、サークルを楽しみ、飲み会ではしゃぐ、そんな大学生を夢見て一般の勉強を頑張っていたからです。第一志望に落ち、上智大学に受かった時に小学校のサッカーチームの先輩が上智でサッカーをしているということを知りました。そこで、初めて大学でもサッカーをやるという選択肢が私の中に生まれました。高校のサッカー部の監督に相談してみたところ、「お前は大学でサッカーをやるべきだ。」と言われ、高校サッカーは不完全燃焼で終わっていた私は入る決断をしました。自分自身でも大学サッカーのレベルを肌で体感したかったのと、もう終わっていたはずのサッカー人生が再び始まったことに喜びを感じました。

 水口さんの紹介にもある通り、私は1年生の6月に半月板と前十字靭帯を損傷という怪我を負いました。復帰したのもコロナがあったので実質2年の6月からでした。人から言われて始めた部活だったのでやめるという選択肢はもちろんありました。ですが辞めませんでした。

 今ではその判断は正しかったと胸を張って言えます。私はどうしても怠けてしまう性格なので、部活という大学で本気でサッカーをやるという決断をした人が集まる環境は私を正しい方向へ導いてくれるような気がしたからです。この部活にはいろんな人がいます。お金持ちな人や頭が良い人、太陽のように明るい人や、小田原に住んでそうなインキャ、頭が良いと思いたい人、人格に難がある浪人生、挙げていたらきりがありません。

 

何が言いたいかというとその全員が同じ方向を向いて頑張っています。この環境は大学サッカーを経験しなければ得られなかったでしょう。自分もその中の1人だという意識を持って頑張らなくてはいけません。

正直なところやらかしは部の中では多いほうなのですが、しっかりと叱ってくれる同学年がおり、先輩も見捨てることはありません。こんな幸せな状況の中で自分を律し、部に貢献することが私の恩返しだと感じています。

様々な人で成り立つ組織の一員であることを理解し、自分の役割を果たし、恩返しをしていく。これが残された時間の中で私のすべきことです。

上智なら1部に昇格できます。Aが頑張るだけでは不可能です。全員が自分のすべきことを自覚し、サッカー面での底上げをすることで成されます。”全員”で昇格できるように尽力しましょう!

最後に私の座右の銘を紹介したいと思います。

「遠回りこそが俺の最短の道だった。」

これはジョジョの奇妙な冒険第7部でのジャイロ・ツェペリの言葉です。私の人生は思い返すと遠回りしかありませんが、なんだかんだで最短の道だなと感じます。努力は積み重ねです。急ぎ過ぎることは未熟な自分への近道にすぎません。勝つために最短のルートを計算することは大事ですが、本当に大事なことは案外、日頃の練習の中に転がっているのかもしれません。練習の全てに意味はあります。自分の頭で考えながら、これは意味がないなど思わずに意図を理解し、全てを吸収することがAのスタメンへの近道だと私は考えています。

以上で終わりとなります。最後まで読んでいただき有難うございました。


いいね
MENU