才能

皆さんこんにちは。桐蔭学園高校出身、法学部法律学科、1年、直井慧真と申します。拙い文章になりますが、どうかよろしくお願い致します。

私にはサッカーの才能がありません。これは揺るぎようのない事実です。
サッカーにおいて才能の差は存在します。私は、どれだけ努力しても手の届かない技術を持つ選手がいる現実を目の当たりにし、悔しい思いをしてきました。

「全員、まとめて見返してやる。」これが入部を決めた理由です。

サッカーの才能で劣る分、誰よりも大きな声を出してチームを鼓舞し、勝利へのプロセスを思考し続けます。そして、死に物狂いでチームのために走り続けます。才能がないからこそ、凡人でもできる泥臭いプレーを徹底し、天才を凌駕してみせます。負けっぱなしで終わるつもりはありません。

2月の上旬に初めて上智大学体育会サッカー部の練習に参加した際に、各個人が役割分担し、チームの勝利のために一人一人が主体的に行動している姿を目にして、胸が熱くなったのを覚えています。また、右も左もわからない僕を気にかけて下さる優しい先輩方もいらっしゃいます。本当に温かくて素敵なチームです。私も上智大学体育会サッカー部の力になりたいと心の底から思えました。

私の目標は、関東リーグのピッチに立ち、名の知れた才能ある選手が多く在籍する強豪チームを倒すことです。決して楽な道のりではありません。それでも、この目標を目指さないと気がすまないのです。そして、大学サッカーを引退するときに「大学で化けたな」と思ってもらえるように努力します。

以上で私の決意表明を終わらせていただきます。ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。4年間本気で頑張ります。


いいね
MENU