完全燃焼

青森県出身、函館ラ・サール高校から来ました、
総合人間科学部社会学科1年の宮﨑祐樹です。
あんまり面白味のない文章ですが、最後まで読んでくださると嬉しいです。

簡単に自分自身を紹介すると、私という人間は、この18年間「茨の道」と「楽な道」2つの選択肢があった時、常に「楽な道」を選ぶような「楽」第一主義の人間でした。別にその道を選んで特別不利になることもないし、最低限の努力で済む、この生き方が自分に1番合ってると思って過ごしてきました。じゃあ、なんでそんな奴がわざわざ、きつい体育会に入るんだよ、サークルでいいじゃねぇかよと思う人もいると思います。確かに、私みたいな人間にはサークルの方が身の丈に合っていると思います。でも、そんな自分を変えたいと思う出来事があり、上智大学体育会サッカー部ならそんな自分を変えてくれ成長させてくれる環境であると思い入部を決意しました。

私の高校時代の話をすると、私の高校のサッカー部員は20人、グラウンドはもちろん土、地区予選敗退と俗に言う弱小校でした。上智サッカー部には強豪校出身の人が多くいますが、それとは雲泥の差の環境だったと思います。環境のせいにする訳ではないですが、自分自身サッカーに対して常に100%で取り組んできてはいませんでした。もちろん、そんな自分に結果がついてくる訳もなく、3年間1度も地区予選すら突破することができませんでした。そんな適当な人間にも関わらず、意外にも高校最後の試合に負けた時「後悔」の2文字が頭に殘りました。もっと、真剣に取り組めばどれだけ変われただろうかと初めてサッカーにベクトルを向けた出来事でした。別に高校でサッカーを辞めようと考えていた訳では無いですが、もし次のステージでサッカーをやる機会があるならば、「完全燃焼」するくらい本気でサッカーをやろうと決め、縁あって、上智大学体育会サッカー部に入部を決めました。

そう決めたからには、何事にも常に全力で取り組みたいと思います。この大学4年間は一度っきりのものであり、ぼーっとしてたらただただ時間が過ぎていきます。だからこそ、サッカーはもちろん、勉強も遊びもやらないで後悔するよりもやって後悔して、その経験を次の糧とし、それが自分自身の成長に繋がればベストな完全燃焼の形かなと思います。色々なことに挑戦し続けて全国の大学生の中で1番密度の濃い4年間にしたいと思います。

最後に意気込みを述べさせていただくと、僕は別に強豪校出身でもないし、何か特別秀でている部分がある訳ではありません。だからといって、それを負い目に感じて怖気付いてる訳ではなく、むしろ上手い選手達と一緒にプレーできること、切磋琢磨出来ることにに凄くワクワクしています。今はこのような状況でボールを使ったトレーニングは出来ていませんが、練習が始まったら周りから沢山のことを吸収して、当然1年生でスタメンを狙っていきたいと思います。もちろんそれが険しい道のりであることも理解しています。目標を達成するためにもそのプロセスにおいて自分自身に奢りを許さず、それ相応の努力をし続けたいと思います。そして、4年後に大学サッカーを振り返ったときに、「完全燃焼」できたなぁーと悔いの残らない形で終えられたらいいなと思います。

あまり上手く文章化できていないとは思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございました!


いいね
MENU