更なる成長

この度、上智大学体育会サッカー部に入部しました、文学部ドイツ文学科新1年の岩藤陸です。

出身高校は多摩大聖ヶ丘高校です。と言いますと、誰しもが「そこどこ?」「聞いたことない。」と思うでしょう。
その通り、私の出身校は、毎年選手権では良くて三回戦敗退、部員は20人以下、コーチは常駐しない、中には中学からサッカーを始めた同期もいた部活でした。

そんな私がなぜ強豪校出身がひしめく上智大サッカー部に入部を決めたのか。それは中学時代の仲間からの刺激です。私は中学時代、GAFCという新2年のアキラ君と同じクラブチームに所属していました。そして同期の中には強豪校へと進学し、全国出場や全国制覇をした選手もいました。そんな同期に刺激をもらい、「もう1度うまい選手の中でサッカーをしたい」「さらに成長したい」と思うようになり入部を決意しました。

3月に小石川での練習に初めて参加させていただいた時は、高校では味わえなかったサッカーの楽しさがあり、練習後、隆次さんに入部することを即答したのを覚えています。

上智大サッカー部でプレーすることは、私の中ではチャレンジです。今までのサッカー人生の中で1番大きなチャレンジだと思います。
常にチャレンジャー精神を持ち、チームのメンバーとして戦っていきたいです。

今年度は東京都2部で戦えるレベルまで自分を引き上げ、少しでもチームに貢献できるよう努めていきたいです。そして1年後今の自分より大きく成長した姿をグラウンドで見せれればと思います。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。


いいね

ストック
MENU