自分らしさ

小学校3年生から始めたサッカーも今年で一区切り。

喜怒哀楽の全てを体験し(キツイ時がほとんどだが、)試行錯誤し続けた長い時間だった。引退ブログということで、ざっくりと大学4年間を振り返っていこう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1年 ほぼCチーム、たまにBチーム。
TOPチームに関わることなんて夢のまた夢。数回出場したIリーグでは何もできずボロ負け。レベルの差を痛感し、毎試合しんどかった。

2年 Bチーム兼Aサブ。
幸いなことにベンチ入りさせて頂く機会は多かったが、出場機会はゼロ。大抵週末はただアップだけしてピッチには立てない。洗濯物の量が嵩むだけだった。

3年 留学。
今でも周りには散々弄られるが、入学前から決めていた目標を叶えたことに関しては一片の悔いなし。ただ年齢的に同学年な当時の4年生と一緒に、もっとプレーしたかったのが正直な所である。

4年 Cチーム→Bチーム→Aサブ。
昨年以降ベンチ入り人数が縮小された。身体が戻っていないと散々言われながら徐々にカテゴリーを上げ、ようやく出場した一橋戦。ボールタッチ回数ゼロ&ダッシュ1回だけの数十秒間ではあったが、入部以降最高に嬉しかった瞬間だった。

 

ここまで読んでくれた方は、おそらく次のような反応を示すだろう。

「まあ聞き飽きたな、、、この下から這い上がった系エピソード。」
「結論としては、きっと『腐るな後輩。もっと頑張れ。上を目指せ。』ってとこだよね。笑」

私がここで言いたいのはそれではない。というより、こういう内容は私以外の人が十分すぎるほど説明してくれているため、特に言及しない。みんな各々頑張って下さい。

 

 

私が伝えたいのは、「この活動を通して、自分自身と徹底的に向き合って欲しい」ということである。

何が得意・苦手で、どんな状況であれば自分が輝いていけるのか。それを明確にできれば、ただの楽しい思い出だけにはならず、今後の人生の糧にできるのではないか、、と社会人にすらなっていない私は、生意気にも考えているわけである。

 

私の場合はどんな特徴があるだろうか。考えてみる。

・プレッシャーに弱い。

ゴール前での1vs1、何度外したかわからない。周りに「またか」と言われても返す言葉もない。

例えば、先日のIリーグvs成蹊戦。1点リードで迎えた試合中盤、相手のミスから絶好のチャンス到来。これを決めれば試合が決まりそうな状況。キーパーと1vs1。ドリブルして抜いてシュートでも良い、枠内にさえ入れば大抵の場合ゴール。

しかし私が放ったシュートは枠を捉えなかった。その後終了間際に2失点を喫し敗戦。完全に戦犯だ。

久々に落ち込んだ。(同期は嘘だと言うが)

 

・結果が伴う場合、楽観的に考えている。

「外しても大丈夫、次でいいや」

これくらいに考えている時の方が良い結果に繋がることが多い。適当に蹴っても、GKの股を通り抜けたり味方のシュートが自分の前に転がってきたり、、、

エピソードは割愛。試合映像見れば、だいたいそんな感じのゴールが多いはずだと思われる。

 

私は普段から1つの物事に対して様々な思考を巡らしすぎる癖がある。というよりかなり打算的なのだろう。

「自分にメリットがあるかどうか」
「この行動が次の結果に繋がるかどうか」

こんな判断基準はハッキリ言えば良くない。自分でもわかっているが23年間培い続けてきた癖は簡単に直らない。

 

だからカッコよく「自分で道を切り開く」的なことは言えない。

きっと「流れに上手く身を任せながら時折チャレンジする」ことを大事にするべきなのだと思う。

これがある意味【自分らしさ】なのかもしれない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に。
諸先輩方・後輩・その他関係者の皆様、4年間(実質3年間)お世話になりました。人の巡り合わせに関してはかなりの自信を持っているので、おそらく周りには良い人ばかりだったんだと思います。

おかげさまで素晴らしい時間を過ごすことができました。

楽しかったです。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

上智大学体育会サッカー部4年 清水謙太



いいね

ストック
MENU