どえりゃあWings

私は今年の3月にどえりゃあに入団しました。

私が初めてどえりゃあWingsの存在を知ったのは、中学3年の時でした。ボランティア活動に興味があった私は、この団体のTwitterを見つけてからずっと「高校生になったらここに入団したい」と考えていました。当時はどえりゃあWingsしか学生の国際ボランティア団体を知らなかったため、ここを志望しました。現在は、どえりゃあWingsの内部を知り、他の団体を知った上で、改めて「どえりゃあWingsに入って良かった」と思っています。

どえりゃあWingsのすごいところは、学生だけで運営を回しているところです。学生だけで大人社会に挑む訳ですから、きっととんでもなく大変でしょう。いつも引っ張ってくださる幹部、運営の方々に感謝しかないです。

どえりゃあの団員はとてもあたたかくて、私に居場所をくれます。みんな自ら志願して団員になる訳ですから積極的でとても勉強になります。留学や海外進学をする人も多く、学校ではできない相談ができたり刺激を与えられたりする、とてもいい環境です。

どえりゃあでの活動で私はたくさんの人の優しさに触れることが出来ています。街頭で募金していると「暑いから気をつけてね」と声をかけてくださる方がたくさんいらっしゃいます。フェアトレード商品を販売していると「友達にも伝えとくね〜」と広報に協力してくださる方もいます。そういう人を見ていると、私もこんな素敵な人になりたい、と思います。

どえりゃあWingsは私の大切な居場所です。これからも国際協力に尽力するどえりゃあを支えていきたいです。