シンガーソングライターの零さんにインタビュー!

今回は、シンガーソングライターでもあり大阪府熊取町のPR大使もされている零さんにインタビューさせていただきました!

Q1.どんなお仕事をしているのですか?
A.現在はコロナの関係で主にレコーディングなどの制作活動を行っています。コロナ禍以前は、ライブハウスやクラブでオリジナル楽曲やアニメソングのカバーを歌ったり、大阪市内のイベントやアニソンイベントに出ていたりしました。

Q2.何がきっかけでシンガーソングライターを目指したのですか?
A.一番は、歌うことが好きだからです。学生時代は、私は目指すタイプではなかったけれど、 歌を歌うことでみんなが自分に興味を持ってくれたのも嬉しかったですね。他にも、褒めてくれたり、喜んでくれたりでみんなのテンションが上がることで、私のテンションも上がって楽しかった思い出があります。

Q3.シンガーソングライターになるためにどのような努力をしましたか?
A.つらいときでも諦めないで続けることです。調子のいいときに続けるのは簡単だけど、調子の悪いときに続けるのは難しいから、少しでも気持ちの余裕を持つことが大事だと思います。

Q4.そのお仕事をやっていて良かったことは何ですか?
A.去年、同窓会に行ったときに、「PR大使になりました」と元同級生にチラシを渡したら、「めちゃくちゃ頑張ってるんやなあ、俺も頑張るわ」「すごいな、応援する」と声をかけてくれたことです。皆は、私が学生の頃おとなしかったのを知っているから、そう言ってもらえて、この仕事をやっていて良かったな、と思いました。

Q5.そのお仕事をしていて大変だったことは何ですか?
A.シンガーとしてのライブと、PR大使としてのライブとで客層が違ったことです。シンガーとしてのライブでは20~30代のお客さんが多いんですけど、初めてPR大使としてライブをやったときは、おじいちゃんおばあちゃんが多くて、ちゃんと伝わるのか不安になりました。

Q6.仕事中に心がけていることは何ですか?
A.やっぱり体調管理ですね。長く続けるためには、歌の上達よりも体調を崩さないことが大事だと思います。

Q7.仕事について親に反対されたことはありますか?
A.多分心配はされているけれど、将来のことに関してはあまり干渉してこなかったです。親にとっては、子供が元気で活動してくれているのが一番だし、しんどい思いをしているところは見たくないのだと思います。だから、どうしても反対されるようだったら、何年かの期間を設ければ安心してもらえるのではないでしょうか。

Q8.将来に悩んでいる若者に応援メッセージをお願いします!
A.一番大事なのは、何歳になっても勇気をもつことです。人から「○○をやった方がいい」と言われたことをやっても納得できないことが多いから、自分がやりたいと思うことをやった方がいいと思います。もちろん、新しいことを始めるのは怖いです。私も、初めて人前で歌ったときは怖かったですし。だけど、勇気を出して始めてみてほしいです。迷っている人は、ちょっと怖くても勇気を持って一歩踏み出してみて!!

これでインタビュー内容は以上になります!

シンガーソングライターの零さん、ご協力いただきありがとうございました!

今回のインタビューにご協力いただいた零さんのアカウントは以下になります!ぜひ、フォローよろしくお願いします!

Twitter:@rei_anison

Instagram:@anison_rei

これからも、いろいろな職業について紹介していくのでお楽しみに!



いいね
MENU