マインド Eco校

マインド

私たちEco校は、

環境問題を「ジブンゴト」にする

ことを共通の価値観として活動しています。


地球温暖化や海洋汚染問題など、私たちは様々な環境問題を抱えていますが、

現在は、世界中がSDGsで定められた国際的な目標に取り組んでおり、地球の未来は明るいようにも思えます。

しかし、それはただの楽観的な考えにすぎません。

私たち人間が何百年にも渡って汚し続けた地球の現状は、私たちが想像するより、ずっとずっと最悪です。

そして、それは、今や「国」が取り組むだけでは足りない域にまで達しています。


確かに、「国」が主導となって、環境問題に取り組むことには意味があります。

しかし、それは十分ではありません。

なぜなら、環境に害を与えているのは、「国」だけじゃないからです。


私たち「一人一人」が環境を傷つけています。


水筒を持ち歩かずに、ペットボトルのお茶を買う選択をするのは私たちです。

ゴミの分別をしない選択をするのは私たちです。

出たゴミを持ち帰らずに、海に投げ捨てる選択をするのは私たちです。


今、このような地球の危機に直面しているのは、私たちが選択したことです。


それにも関わらず、ほとんどの人は、いまだに環境問題を傍観者として眺めています。

「大変だよね」「これからどうなっちゃうんだろうね」

と話しながらも、決して、

「どうすればいいんだろう?」

とは言わない。

なぜなら、自分がどうにかしようとしていないから。

今ある現状が、自分が招いた一員であることを理解していないから。

環境問題を「ジブンゴト」にしていないから。


私たちEco校は、環境問題解決へのカギは「一人一人」の意識の持ち方であると考え、

環境問題を「ジブンゴト」として捉える、

ひいては、世界の問題を「ジブンゴト」として捉えることを

常に念頭に置き、活動しています。

MENU