My identity in YEC by もりしゅん


そして時は2020 
全力疾走してきたよね By 小沢健二「彗星」

こんにちは! 
冒頭は僕の大好きなシンガー「小沢健二」さんの爽やかな歌いだしで飾らせていただきました(笑)
僕はYECに所属している静岡県立大学2年生のもりしゅんです。
今年の6月に20歳を迎えて成人の仲間入りを果たしました!!
今回、僭越ながら僕にとってのYECをいろいろ書かせていただこうと思います!

まず僕がYECに入った経緯について!
入学当初から僕は、「グローバル」なことに興味があった半面、グローバルな視点だけでは頭でっかちな人間になってしまうと思っていまして、、、
それで大学ではせっかく地元に根差した公立大学に入学したこともあって「ローカル」という視点、あり方について探求したいと考えていたんですね…(ホントの話ですよ!)
そこでたまたま、この「YEC」というボランティアサークルにヒットしたわけです!

僕が一年くらいYECに所属してきて、この団体いいな!って思ったところはいろいろ!
箇条書きにすると、、、
・団体内で部署みたいなのがないため、メンバー同士の立場や距離が近い!
・社会で役立つスキル(パソコンとかファシリテーションとか)もなんだかんだ学べる!
・信頼できる仲間たちが揃っている! 
・ちゃんと自分の居場所って感じがする!
・利益、効率ばかりを重視しないところ!
・団体の基礎、軸が確立されているところ!(例えば団体に受け継がれるミッションがあるとか)
団体の存在意義、自分たちが行っている活動が社会の中で重要な事なんだと実感できるところ。

まとめるのが大変なのでこんな感じにしました!(笑)

ちょっと微妙な感じですが、内容はこんな感じで(笑)(笑)
ここまで読んでくださりありがとうございました!!!
最後もまたお気に入りの歌詞で締めちゃいますね!

真っ暗闇を撃つ 太陽みたいに
とても冴えた気持ち 
グラス高くかかげ 思いっきり祝いたいよね! by 小沢健二「彗星」

小沢健二「彗星」Mv youtubeより



いいね
MENU