日常そのもの!

こんばんは☺︎

トップバッターのなつきからバトンを引き継いで、本日のブログを担当します、新3年のしまづです🌴

今回は、わたしがホッケー部に入るまで、と私にとってのホッケー部、について書きたいと思います!



私はホッケー部に悩みに悩みに悩みに悩んで(笑)入部しました。

正直高3の1月頃までは中高6年間やっていた陸上競技部に入ろうと思っていて、大学の陸上競技部に何度かお邪魔していました。ただ2月に友人に誘われて女子ホッケー部に入る気は全然なかったのですが(笑)体験会に参加させてもらいました。そこでのホッケーの楽しさと先輩方の人あたりの良さに魅力を感じて「絶対陸上競技部」と思っていた私の心が少し、揺れ始めました。

入学してからも初めは陸上競技部に多くお邪魔させていただきましたが(行きすぎてもはや入部していると思われていたほどでした(笑))、ホッケー部にも体験とお食事会に行きました。

やっぱりホッケーは楽しすぎて、

お食事会は相変わらずの先輩方の素敵さが本当に心地良く、

そしてお食事会でPVを見ていた先輩方がとても充実してそうな顔で見ていて、本当にやりがいがあって楽しいんだなというのが伝わってきて、「あ、この部活で新しいことを1から頑張ってみたい」と今度はぐらんぐらん心が揺れはじめました(笑)

他にもテニス部を迷いましたが部活での経験がなかったので厳しいと判断し、最後は陸上競技部とホッケー部の二択で、毎日入ろうと思う部活が変わる現象が起き、当時は苦しかったです(笑)


そんなこんなで毎日悩んでいましたが、4月中旬にあったOG戦の翌日にやっと入部を決めました。入部の決め手の要素は、毎日悩んだだけあって沢山あります。しかし一つのきっかけとして大きかったのはOG戦で、それまで体験しかしてこなかったホッケーの完成形を観て、プレーしている先輩方を見て、

私も上手くなりたい

このチームで高い目標を達成する時に私も居たい

と思いました。それまでに感じた女グラの魅力は沢山ありましたが、試合を観て素直に自分がホッケー部に対してこう思えて、挑戦したいという気持ちが他の部活を超えました。


毎日沢山悩み抜いて決めたからこそ、今ホッケー、ホッケー部は私の中で1番好きなもので、大切で、夢中になれるものになっています。

日常そのものでもあります。

ホッケー部ももちろん楽しいことばかりじゃなくて、色々な大変な事もありますが、一つの高い目標に向かって学年を超えてチーム皆で向かっていけるこのホッケー部が私にとって心身共に成長できる場であり、頑張りたいと思える場でもあります。

まとまりありませんが、私がホッケー部に入るまで、と私にとってのホッケー部について書かせていただきました!!

次は目がパチクリしている同期、新3年の珠子です👀


いいね

関連記事

MENU