P.A.L.の魅力とこれからのP.A.L.と

初めまして、慶應義塾大学理工学部3年の石田清葵です。
これから私の所属しているP.A.L.プロジェクトについて話していきます。

  1. そもそもP.A.L.ってなんだろう?
    アジアの学生(以下ES)を東京に呼び、2週間に渡るイベント・コンテンツを通じて、グローバルリーダシップの会得を図るプロジェクトです。真面目な一面もありつつ、遊びのコンテンツも多いです。24時間エアビーでESと一緒に時を過ごすことでとても仲良くなれます!

  2. P.A.L.の魅力
    先輩たちの仲の良さと、実績。
    私はこの2点に強く惹かれて所属することになりました!

    P.A.Lの仲の良さの秘訣
    多くの団体は、学校の教室などで活動するのが当たり前だと思います。ですが、P.A.L.は違います!プロジェクト本番と同様、全体会議もエアビーで行います!
    しっかりと会議をした後で、思い切り遊びます。このメリハリがとても好きです。エアビーで夜通し話をすることで一気に仲良くなれます。もちろんプロジェクト外でも、遊んでいる人も多いです。仲良くなった上で信頼を築き、団結し合える力が、P.A.L.にはあります。

    P.A.L.の実績
    実績というのは、イベントの応募者数と渉外獲得金の多さです。高校時代生徒会予算を作成する委員長をやっていたこともあり、資金調達方法に興味がありました。過去100万円を稼いだこともある渉外部の仕事は、とてもやりがいを感じられます。


  3. P.A.L.への想い
    今年はコロナウイルスの影響もあり、例年通りの実施は厳しいものとなっています。ですが、別の形で開催することを検討しています。従来のP.A.L.で出来ていたことを全て不自由なく行える訳ではないと思います。でも、従来のP.A.L.で出来なかったことも取り組める新たな可能性に満ちていると思います!そんな特別感を持ってメンバーと共に作り上げられたら今年らしさが詰まったプロジェクトが作れたら素敵だなと思います。体に気をつけて、頑張っていきましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


いいね
MENU