仕事とビジョンについて

株式会社KNOCKの宮地俊輔です。
この記事では「仕事とビジョンについて」書かせていただきます。

私のビジョンは「顧客への貢献を積み重ね、ひいては社会発展に貢献していくこと」です。
私は株式会社KNOCKでのインターン生としての経験からこのビジョンを抱くようになりました。

と言うのも、私は高校の頃から「社会に大きな影響を与えることができ、その発展に貢献できる仕事をしたい」と考えていました。これはおそらく、私が承認欲求が強く、周囲に胸を張って誇れる仕事がしたいと考えていたからです。

しかし、インターンを始めてからこのビジョンは具体性を持つようになりました。
そもそも、私が高校時代から掲げていたビジョンはあまりにスケールが大きく、その実現性が低く、また実現のための道筋が見えづらいものでした。
そんな時にインターン先の社長のお話を伺って、従来のビジョンが大きな影響を受けることになります。

その内容は、「ビジネスの基本は顧客への価値提供。金額以上の価値を顧客に提供することを意識しなさい。」というものです。
私はこの話を伺って、従来の私のビジョンに足りないものを理解しました。

それは、目先のことを考えずに、その先にある大きな目標にのみフォーカスしていたことです。
ビジネスにおいても、長期経営計画をブレークダウンした短中期経営計画があったり、KGIを達成するためのKPIがあったり、長期的に何かを実現するための短期的目標が必要になります。

そこで、私は従来のビジョンである社会発展への貢献を実現するための手段を、社長のお話に見出しました。
顧客への貢献を積み重ねていくことで、利害関係者に価値を提供し、これを続けることが社会発展への貢献につながっていくと言うことです。

私はこの学びをもとに、現在SEO対策というものに取り組んでいます。SEO対策とはwebサイトの検索パフォーマンスを改善する様々な施策の総称です。

このSEO対策は、作業自体が非常に地味で、効果が出るまでに多くの時間とコストを要します。
しかし、この施策に取り組むことで従来の私に足りなかった地に足をつけて物事を一つ一つ、茶買う実に遂行していく力が身につくと考えています。

さらには、一度強力なwebサイトを構築して仕舞えばそれが多くの見込み顧客へのアプローチをうみ、結果的に顧客への貢献にもつながっていくと考えています。


いいね

関連記事

MENU