雑草精神 学生起業家の年末の特異な過ごし方とは?

おはようございます。KNOCK加藤です。
本日はスポンサーをさせていただいているk-jee選手の試合観戦に行って参ります。

Pandoで日々の活動を拝見させていただいていたり、k-jee選手と直接メッセージなどでもやりとりさせていただく中で、、、

初の試合観戦になるので、何故か私も緊張感があります。
※試合観戦自体は3度目です。


土俵は違えど、プロフェッショナルとして本気で挑戦されている同世代のk-jee選手と共に闘う気持ちで、私も日々の仕事に取り組ませていただいています。


2019年も、終わりを迎えていますね。
この一年、私は「家業から企業へ」というスローガンのもと日々を過ごしていました。


皆さまの多大なるお力添えにより、2019年も実りある一年となりました。関係各社の皆様、心より御礼申し上げます。素敵な年末をお過ごしください。


さて、本題に入るまで長くなりましたが、今回は毎年行なっていることで、私自身とても重要と感じていることを少しご紹介させていただきます。


会社経営を始めてから、毎年、事業計画書を作成し、会社経営全体の戦略を1年単位で練っています。(ビジョンについてはロングタームでも考えています)


KNOCKはちょうど、12月で上半期を終えるということもあり【2019年7月より6期目を迎えました】、年末は上半期の振り返り、下半期の戦略思案時間に最適です。


なので、毎年会社の仕事納めからが加藤の仕事の本番といっても過言ではないです笑※おい!加藤!いつも仕事ばかりじゃないか!KNOCK社員は笑っていることでしょう。
大丈夫です。もちろん、年末を楽しみ休みながらも仕事しています笑


でも、これがとても大事な時間なんです。多くの方は休暇をとられているので、仕事の連絡もほぼないので、集中して考えられる時間が増えます。※今の私の現状においてです。


上半期で取り組んできたことの振り返りをしっかり行い、自身のロングタームビジョン+ショートタームビジョンと照らし合わせながら、戦略を再考し、道筋を立てていきます。こうすることで、新年1月のスタートダッシュ(初速)がまた変わってきます。


※とはいえ、例年11月ごろから振り返りを行い1月の準備は進めています。この準備が果たして正しかったのか?振り返り自体が冷静に正確にされていたのか?といった細かなところまで考える時間が年末になります。


百戦錬磨、無敗の王者メイウェザー選手もこう述べています。
※派手な演出家としても賛否両論が沸き起こりやすい彼ですが、ボクシング界で「無敗」という偉業を成し遂げています。
https://youtu.be/bh9mNXPXa1k


私は自分自身が決して優秀ではないと思っているので(※自己肯定感が低いとかではなく)、できる限り練習する癖をつけるようにしています。


メイウェザーほどストイックに極められないかもしれないけども、人が休んでいる時こそ、チャンスと想い準備というなの練習を繰り返します。


この練習の積み重ねが結果として、ビジョンを形にしていくのだと信じ、行動し続けます。


今回は名古屋に向かう新幹線からお送りしました。皆さま年末をお過ごしください。気合いを入れて、年末の練習に挑みます。


いいね

松下 耕三
(2019-12-28 10:19)

>会社の仕事納めからが加藤の仕事の本番
いいですね!!

加藤芳郎 (2019-12-28 10:35)

ありがとうございます。
まだまだですが、精進致します!!

関連記事

MENU