概要 明治学院大学岩尾俊兵ゼミ

 明治学院大学経済学部国際経営学科岩尾俊兵ゼミのページです。

 岩尾ゼミの活動は、主に2つで、一つは座学で経営理論について学び、さらに議論するという理論面での学習です。もう一つは、毎年何らかのプロジェクトがあり、それに取り組むことで経営を実践してみるという実践面での学習です。まず、理論面での学習方法について。ここでは、経営について「深く考える」ことを目的に、みんなで議論をおこないます。経営について考える必要はなにも経営者だけに限られたことではなく、およそ人が集まる「組織」に所属する者にとって、「組織の中の他人に自分の意図を正しく伝える」ためにも論理的に経営を考える必要があり、自分の意図を正しく伝えなければいけないのは経営者だけでなく一介の新入社員であっても同様であるためです。そこで、ゼミナールでは、まずは徹底的に既存の経営学理論を学んでいき、その後にその理論について批判したり、さらなる応用分野を考え、それによって論理的に考え理路整然とコミュニケーションができるようになることが目標です。

 具体的には、演習(ゼミ)では、輪読というオーソドックスなスタイルで、経営学・経営科学の基礎知識を身に着けます。輪読とは比較的高度な内容の本や論文を、少しずつ全員で読み進めるというもので、毎回発表担当者が1章分ないし1論文を要約したレポートを全員の前で発表し、他の学生も必ず当該文献を読んでおき、発表者に対して質疑および討論をおこないます。 演習前期では1冊の本を読んでいくのに対して、演習後期では主に経営学・経営科学の論文を読んでいきます。毎回発表担当者が1論文を要約したレポートを全員の前で発表するが、他の学生も必ず当該文献を読んでおき、発表者に対して質疑および討論をおこないます。以下の様にシミュレーションを組んでみることもあります。


  実践面での活動として、最近は一般社団法人社会システムデザインセンターと協力して様々なイベントを企画しています。詳細はPandoの記事をぜひご覧ください。

 このように、理論と実践の2段階で経営・マネジメントについて学ぶことになります。

メンバー統計情報

男女比

年齢層

出身地

出身校

明治学院大学経済学部国際経営学科

組織概要

名称 明治学院大学岩尾俊兵ゼミ
英語表記 Meijigakuin Iwao Semi
MENU