【新入生向けコンテンツ】MAKメンバーに直撃インタビュー!~第1弾 主将:かなっぺ編~

10 新歓 明治学院大学アナウンス研究会 MAK インタビュー

いいね

みなさんこんにちは。明治学院大学アナウンス研究会 くぼれいです!


サークルには入りたいと思っているけれど、いっぱいありすぎてどうしたらいいか分からない…どんなメンバーがいるのかも分からない…ぶっちゃけMAKにはどんなメンバーがいるんですか?

今回はそんな迷える新入生に向けて、MAKメンバーに直撃インタビューをしていきたいと思います!

第1弾となる今回は、後輩であり、2019年度主将のかなっぺ


それでは早速インタビュー、レッツラゴー☆



※以下 かなっぺ:  インタビュアー(くぼれい):


:まずは自己紹介からどーぞ!

:明治学院大学アナウンス研究会・主将のかなっぺです!🌱よろしくお願いします!趣味は写真を撮ることです!

:ありがとうございます!ではでは早速インタビューしていきます!


ーなんでMAKに入ったの?

:では最初の質問!なんでMAKに入ったの?

:最初は長年続けていたバレーボールのサークルに入ろうと思っていたんですけど、色々あって諦めて…それで今度は白金祭実行委員(学園祭の実行委員)に入ろうと思ったんですけど、抽選に落ちちゃって…そんな感じで路頭に迷っていた時にたまたまパンフレットで見かけたのがMAKでした。喋ることやラジオは好きだったので、とりあえず連絡してみて、初練習に行って…そんなこんなで続けていたら、主将になってました(笑)

:じゃあ最初は、放送系のサークルに入ろうとは思ってはいなかった?

:そうですね。ずっと体を動かすような活動ばかりやってきたから、文化系のサークルなんて…って想いもあったんですけど、逆に今までと違うことにチャレンジするのもありかなって思いました!

:おおー!では、サークルを続けられた理由は?

:いっぱいあるんですけど、一番は先輩たちが大好きだからです!なので、そうやって思ってもらえるような先輩になりたいです。


ーMAKを一言で表すなら?

:次は…MAKを一言で表すなら?

:十人十色です!10人いたら10人違う人で、全員違う方向向いてるんです。私と同じ人はいないので、たまになんで?って思ってしまうこともあるんですけど、それ以上にみんなそれぞれに見習うべきところがあって…それがぎゅーっと集まって1か所に詰め込まれた時に、すっごくいい番組・発表会ができるなっていつも思ってます!


ーMAKで楽しかったこと、大変だったことは?

:では次は、MAKで1番楽しかったことは?

:1年生の時の合宿です!楽しかったって記憶しかないですね(笑)昼間は初のラジドラ(声劇)の練習をして、夜は部屋で学年関係なくUNOしたり、人狼したり…あと花火とか、BBQとか!人生で初めてオールをした記念すべきイベントです(笑)

:うんうん。俺も楽しかった!すごく忙しかった記憶もあるけど…(笑)じゃあ逆に、1番大変だったことは?

:2年生の時の白金祭ですね。映像を制作したんですけど、番組内容の関係で熊本まで撮影に行かなくちゃならなくて…お金も時間もめちゃくちゃかかりました…(笑)でもこれから先こんな豪華な映像作品なかなか無いと思うので、やってよかったって思ってます!


好きな番組は?

:続いての質問は、ズバリ!好きな番組は?

:見るのが好きなのは映像とラジドラです!映像は発表会のオープニング・エンディング映像も含めて、リハで初めて見る瞬間のドキドキ感が好きです。ラジドラは世界観に惹きこまれて、笑ったりときどき泣いちゃったりもしています(笑)


ーあと1年で引退だけど何か目標は?

:次は少し趣向を変えて…かなっぺも早くもあと1年で引退なわけだけど、何か目標とかある?

:写真を撮るのが趣味だから、みんなの「イイ顔😆」とか、舞台のカッコいい姿をたくさんカメラに収めることです!

もう1つは大好きなMAKの姿を後輩にも知ってもらうこと。私たちの代でMAKの、そして先輩たちの、すごさを途絶えさせたくない!毎年「カラー」のようなものは変わっていくと思うけど、いい番組を作りたい!って気持ちは変わらずに持つべきだと思っています。



ーどんな新入生に入ってきて欲しい?

では、最後の質問!どんな新入生に入ってきて欲しい?

:大学生活で何か挑戦したいとか、変わりたいとか、輝きたいとか思っている人!喋ることが大好きでも、苦手でも、MAKでは輝けるし、大学生活でも大切な居場所になれるところです!

:それでは最後に、新入生へ向けて一言どうぞ!

:大学生活は長いようで短いです!!小さくてもいいのでぜひ自分から1歩を踏み出して、新しい世界へ飛び込んでみてください!!



アカウント登録をするとコメントを書くことができます