【新入生向けコンテンツ】MAKメンバーに直撃インタビュー!~第2弾 新2年生:なぎちゃん編

10 明治学院大学アナウンス研究会 インタビュー 新歓 MAK

いいね

みなさんこんにちは。明治学院大学アナウンス研究会 くぼれいです!


MAKメンバーにはどんな人がいるんですかー?という迷える新入生の疑問に答えるこの企画。第2弾をお送りしていきます!

今回は、新2年生であり、声を使う職業につくことを目標にしている、なぎちゃん


それでは早速インタビュー、レッツラゴー☆


※以下 なぎちゃん: インタビュアー(くぼれい):


:まずは自己紹介からどうぞ!

:明治学院大学アナウンス研究会に所属しています。なぎちゃんです!アイドルが好きです♡よろしくお願い致します!

:では自己紹介も済んだところで、早速質問していきます!


ーなんでMAKに入ったの?

:では最初の質問!どうしてMAKに入ったの?

:元々社会でお金を稼ぐ手段として声を使う職業につくことを目標としているので、基礎練習になればいいなと思ってMAKに入りました!

:おお〜。実際に基礎練習として役立ったことはあった?

活動での発声練習で行ったことをそのまま声優の養成所でも習うこともあったので、そこが役に立ちました!私は養成所に大学1年の7月に入ったんですけど、養成所の他のメンバーは4月から入所している状況だったので不安だったんです。でもそんな中で、MAKの活動でやった練習とまったく同じことを養成所でも行って…それこそ循環(発声練習の一種)とかは、養成所の人も出来てなくて、「なんで出来るの!?」って言われたりもしました!

:おおーー!!それくらい目的を持って、MAKを選んだということは、サークル選びの選択肢としては最初からあった感じかな?

:サークルに入らないと友達出来ないだろうなと思ってどこかサークル入るのは決めてました。あとは、先ほどの話と重なるんですけど、7月から養成所に通おうというのも決めていたので、それまでに少しでも声や演技に触れられるところがいいと考えてました。そこで、サークル一覧を見たらラジオドラマをやってるMAKがあったので、わりと最初から決めていた方だと思います。入学式でも自分からビラ貰いに行ったので(笑)最初のご飯会にも参加しました!


ーMAKをひとことで表すなら?

:では、次の質問!MAKをひとことで表すなら?

:難しいですね…不思議な人たちの集まりだな〜と思います。1年経ったけど、いまいち掴みきれてない部分も多いです(笑)でもだからこそワクワクする部分もたくさんあります!


ーMAKで印象に残っていることは?

:続いての質問は、MAKで過ごした1年を振り返って印象に残ってることは?

:初めて参加した1年の夏番発(番組発表会)は印象に残っています。映像撮影MCなど1年生では私だけが参加している番組がたくさんあって先輩とたくさん関われたのが嬉しかったですね。なんだかグッときちゃって、本番のエンディング見てるときちょっと泣いてましたもん(笑)

:そうなんだ!では、映像撮影やMCでは具体的にどんなことをしたの?

:夏番発は海賊がテーマの発表会だったのもあって、海賊役でアクションシーンを撮りました!斧と盾を持って敵と戦ったんです(笑)運動音痴なので不安だったんですけど、完成した映像を見たらカッコよく編集されていて嬉しかったです!

MCでは、各番組の繋ぎとなるような話を、さっきの映像の海賊と同じ役として演じました。MCは演じるといっても、次の番組の準備が終わるまでの時間をお客さんの反応も見ながら、臨機応変にアドリブをしていく必要もあってすごく楽しかったです!


↑MC時に使用した台本です。



ー好きな番組は?

:次は…ズバリ!好きな番組は?

:ラジオドラマが好きです。すごく難しいなと感じるんですけど、参加する側でも見ている側でも会話が組み上がっていくのが面白いなと感じます。あと映像を見るのも好きです。さっきも言いましたけど、夏番発ではラジドラ・映像両方とも関われたので楽しかったですね。



ー新入生に一言!

:では最後に新入生に向けて一つ上の先輩としてメッセージをどうぞ!

:巷には大学生は人生の夏休みなんて言葉もあるそうですが断言します。結構忙しいです!!でもきっと、本当に好きなことがやれる最初のタイミングになる人も多いと思います。好きなこと、やってみたいこと、たくさんのことにチャレンジしたり熱中したり、ときにはまったりしたり…(笑)

なので後悔が無いよう!皆さんが素敵な大学生活を送れますように🤗(あとよかったら私と友達になってください!!!)




アカウント登録をするとコメントを書くことができます