「しゃぶの湯の魅力に迫る!店長から見た仕事とやりがい」

中里グループ社長の中里浩士と申します!今回は、弊社初の食べ放題業態『しゃぶの湯』の小野店長のインタビュー記事を投稿します。
採用サイトで載っていない、しゃぶの湯の魅力を弊社の若手社員が、
店長に直接伺ってきました。飲食業界に興味がある方は是非ご覧ください!

 

(村松)「こんにちは!松村と申します!本日はお時間をいただきありがとうございます!」

 

(小野)「こちらこそよろしくお願いします!しゃぶの湯店長の小野と申します!」

 

(村松)「さっそく質問に移っていきたいのですが、小野さんが店長に任命されて、
   店舗経営を任せられたときの思いや覚悟をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

 

(小野)「はい。入社当時は本店『酒菜庵ちゃぼうず』で働いていて、その後に売り上げが
   中々伸び悩んでいた店舗の店長に任命されました。そこで、本店での経験を活かし、
   売り上げの改善に励みましたね。」

 

(村松)「しゃぶの湯にもそういった功績が認められて移動になったんですよね?」

 

(小野)「はい。その分会社の期待もあり、今まで以上に丁寧にきちんと任務をこなすこと
   を心がけています。しゃぶの湯は今までよりもスタッフの数が多い店舗なので、
   スタッフマネジメントもしっかりとやっています。
   いずれ、しゃぶの湯をチェーン展開したいので、もっと頑張らないとですね。」

 

(村松)「それではしゃぶの湯の将来像として、チェーン展開を目標にされている
   のですね!」

 

(小野)「その通りですね。弊社初のチェーン展開をするために、旗艦店として
   しゃぶの湯というブランドを確立させることが店舗将来像です。」

 

(村松)「高い目標に向かって働く姿勢は憧れます。。。 
   ところで、小野さんは、この仕事のどのような時にやりがいを感じますか?

 

(小野)「やはりお客様から直接評価を頂けることが一番やりがいを感じますね。
   お客様の反応を直接感じ、仕事ができることがやりがいに繋がっています。
   だからこそ自分の接客をよりよくしようと日々精進しております!」

 

(村松)「たしかにそれはやりがいを感じますね!それを踏まえ、小野さんは今後、
   どのような仕事をしていきたいですか?」

 

(小野)「先ほども言ったのですが、チェーン展開の実現ですね。一店舗の経営と違い、
   チェーンだと複数の店舗管理と統括をする必要があります。
   そしてその新店舗の立ち上げに携わりたいです。それがいま一番興味を持っています。」

 

(村松)「一貫された意思をお持ちで感銘を受けました(笑)
   ところで、今の仕事で最も面白いと感じるところはどこでしょうか?」

 

(小野)「そうですねー。仕事のやりがいとかぶってしまうのですが、やっぱりお客様の
   反応を直接感じられるところですね。あと、新しいメニューを作ってお客様に
   喜んでいただいたときや、自分が組んだオペレーションが計画通り行えた瞬間
   やりがいを感じます。」

 

(村松)「なるほど!飲食業で働く方の多くは、お客様の笑顔をモチベーションに
   働かれている人も多いですからね。」

 

(小野)「そうですね。『全世界の笑顔に挺身する』が私達の全社理念ですからね(笑)」

(村松)「一番気になっていたのですが、小野さんが新入社員に期待していること
   があったら教えてください!」

 

(小野)「一番は、会社の理念と心得を理解し、それに伴った活躍をしてくれる人ですね。
   そのうえで、一緒に会社をより良くするために自分の思ったことを積極的に
   発言し、職場に新しい風を吹かせてくれる人と働きたいですね。」

 

(村松)「それ、私ですね(笑)たしかに中里グループで働くスタッフ全員が会社の理念に
   共感して、一つになって働いている印象を受けます!最後に、飲食業界に
   興味がある人が一番気になっている質問をしてもよろしいですか?」

 

(小野)「どうぞどうぞ!なんでも答えます(笑)」

 

(村松)「飲食業界というと、コロナ禍で大変な時期もありましたが、それでも
   仕事を今も続けられる理由は何ですか?」

 

(小野)「もちろん、一番は当社代表の中里が常に前向きでいてくれたことですね。
   代表が直接私たちに、会社やスタッフに対する熱い思いを語ってくれたことで、
   その気持ちに答えようと私も前向きに仕事を続けられました。」


(村松)「それは素晴らしいですね。」

 

(小野)「はい。その上で『しゃぶの湯』を利用してくださる、大切なお客様の幸せの空間を
   無くしてはならないという気持ちで仕事に臨んでいます。
   飲食店は世の中になくてはならない存在ですからね。」

 

(村松)「おっしゃる通りです!ここでお時間が来てしまいました!
   本日はお忙しい中貴重なお時間をいただきありがとうございました!」

 

(小野)「こちらこそありがとうございました。是非『しゃぶの湯』を初めとする中里
   グループにお越しください!最高のサービスと美味しい食事がある、
   幸せな空間をご提供します!」

↑写真は『しゃぶの湯』店内

槇尾 敦矢
2021.06.18

小野店長、お疲れ様です!

インタビュー記事見ました!
なかなか私との日々の会話では聞けないような内容が、新人社員のインタビューで生の声が聞けて、とても嬉しかったです。
ブランディング、チェーン展開...、会社としても挑戦です。
小野店長ならできると信じてます!
一緒に取り組んでいきましょう、宜しくお願い致します!

KUMAGAYA
2021.06.17

小野店長

お疲れ様です。
インタビュー記事、拝見しました。

「グループ初のチェーン展開をするために、旗艦店として、『しゃぶの湯』というブランドを確立させる」という想いに、大変共感しました。

小野店長は、ご存知かもしれませんが、ブランドの構築には、様々な要素が関わります。
ブランドは、会社が提示するだけでなく、スタッフ皆様やお客様、取引先の皆で創り上げて行くものです。

弊社も『しゃぶの湯』のブランドづくりをご一緒いたします。

引き続きよろしくお願いいたします。