「僕が行かなきゃ誰が行くんだ?」

夏も近づき2020年も6月に入ろうかという中、新型コロナウイルスが流行して早2ヶ月以上が過ぎようとしています。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

家で過ごす時間が長くなっている今、3月までの忙しかった日々が嘘のようであり、早く元の生活が戻ってこないかなと日々思っています。

僕の大学生活はほとんどアメフトに関わることでできていて、そのアメフトができなくなっている今だからこそ、アメフトが自分の生活の軸になっていたことをより実感しています。

大学生活にはバイトやゼミ、サークル活動など様々な楽しみ方があって、それぞれの大学生活に違った良さがあると思います。

この自粛期間は多くの大学生活のあり方があるのに、僕がなぜアメフト部に入ろうと思ったのかを考えるいい機会ではないのかと思ったのでここに書いてみたいと思います。

僕が高校生の時に想像していた理想の大学生は、バイトをして、夏休みや春休みに旅行に行き、卒業後はいい会社に就職するといったよくある理想の大学生像でした。

いざ、大学生活が始まると色々な部活やサークルが新歓というものを行っていて、多くの大学生がこの部活やサークルに入っているというではないですか。僕は高校生の時にサッカーをしていたため、週1回活動のあるサッカーサークルに入って理想の大学生活をしようと心に決めました。

そんな中アメフト部の新歓に友達に誘われて行く機会がありました。アメフト部の新歓はとてもアットホームな雰囲気で、親しみないスポーツの新歓とは思えないくらい盛り上がりました。アメフト部に入部した理由の1つがこの人の良さと部活の雰囲気にあります。アメフト部の人には独特の説得力と温かさがありました。僕はそこに惹かれるものがあったのだと思います。

しかし、入部の1番の決め手は他にありました。それは九州制覇を達成するという部員の皆さん強いの思いです。僕は新入生ながらにこの目標に惹かれ、大学生活4年間をかけてみたいと決めたのです。

今の僕にとっては、アメフトという新しいスポーツを1から始めて、九州制覇を成し遂げるという目標を達成することに4年間を費やす事が、理想の大学生活だと思います。

この投稿の題名「僕が行かなきゃ誰が行くんだ?」は僕の好きな乃木坂46さんの曲の題名を借りさせていただきました。この曲の知らない事を諦めずに追いかけるという歌詞がとても好きで、何かに挑戦している人にオススメの曲です!是非聴いてみてください!

まだ僕が新入生の時に憧れたアメフト部の部員の方の姿には程遠いですが、これからもアメフト部の一員として頑張っていきたいと思います!

新入生の皆さん、僕達と一緒にアメフトという新しいスポーツで、九州制覇を目指してみませんか?興味がある方もない方も是非新歓アカウントをチェックしてみてください!

長く拙い文章を読んでいただきありがとうございました。


いいね
MENU