マインド 学生団体POWART

マインド

 

・伝える側の「POWART」と「アーティスト」の「パワート」によってもたらされるより幸せな生活として3つがございます。

・1つ目は「パワートを多くの人に知ってもらえる」こと。「アーティスト」が作品を制作したものを,「POWART」がアートワークショップや商品開発を経て人々の目に見える形で広めることで,より多くの人に「パワート」の存在したいを知っていただける喜びがあります。

・2つ目は「パワートの商品を身に付けてもらえる」こと。知ってもらったその魅力を私たちは衣類や文房具などの形で提供し,人々の生活の中に「パワート」が入っていく工夫を行っています。「いいな」と思っていただいた「パワート」を身につける形にすることで,より「パワート」に親しんでいただくと共に,機能性も保障することで,人々の生活を少しでも豊かなものにすることが2つ目の私たちの願いでもあります。

・3つ目は「アートに関わる楽しさを知ってもらえる」こと。「パワート」を知ってもらい,身につけてもらい,よりアートの魅力を知りたいと,人々に思っていただくことで,アートの世界の一端を担っている私たちの願いはまた一つ叶います。

 

・出会う側にもたらされるより幸せな生活として上記の伝える側の3つに対応して,こちらも3つございます。

・1つ目は「パワートのある生活を送ることができる」こと。「パワート」の存在を知り,日ごろの生活の中にアートワークショップや「パワート」の商品を取り入れることで,いつもの生活に彩をプラスすることができます。

・2つ目は「パワートの商品を使える」こと。「パワート」は単なる作品に収まらず,衣類や文房具などの形に姿を変えます。自分が気に入ったものを,使えることで,「パワート」をより身近に感じ,その時点で「パワート」は「伝える側」から独立して,「出会う側」のものにすることができます。

・3つ目は「パワートの作品に刺激を受け,広くアートを知れる」こと。「パワート」はあくまでアートの一端に過ぎません。「パワート」を通してアートの面白さを知り,自らアートの世界に入るきっかけになります。そうして出会う更なるアートは人々をより幸せな生活に導いてくれます。

MENU