概要 学生団体POWART

我々は、2018年12月に、アートの魅力を広めていきたいという思いから、学生3名でスタートした団体です。

団体名のPOWART(パワート)は、ART(アート)には人を魅了する力(POWER)、アート商品にはその魅力を発信する力(POWER)があるということから出来上がった造語が由来です。

以下、主な活動内容になります。


①「パワート」製品の開発,販売

・広島県を中心に活躍している鬼頭純平さんという作家さんと出会い,彼の独特なタッチ,純粋な対象の解釈に感動し,POWARTオリジナル商品としてTシャツ,「ICHIGO」を開発いたしました。 

・デザインだけではなく,素材にもこだわって,化学薬品の使用を限界まで抑えたオーガニックコットンを使用した生地を採用し,生産者へのフェアトレードを目指した公正な価格設定で販売しております。

・白・黒・ボーダーのカラー展開で,フリーのSサイズとMサイズで開発し,小さいお子さんからご高齢の方まで幅広い年齢層の方にご購入いただいております。

 

②「PeaceArt」の製品の代理販売

・広島県で展開している,株式会社ニューズアンドコミュニティーズの企画の1つ,「PeaceArt」とタイアップして「ピースアートは,豊かな才能に恵まれたアーティストと社会をつなぐコミュニケーション。描く人も観る人の笑顔になれる,生きるチカラあふれる広島発のアート商品」の代理販売を行っております。

・当団体「POWART」は広島大学の学生団体のため,商品販売のノウハウや,アート作家さんとのコンタクトの方法など各方面からご指導いただいております。

 

③子どもも大人も「アッと」感じる「アート」ワークショップの企画,運営

・西条中央公園で毎月行われる「ひとむすび」や広島大学の「ゆかたまつり」,「大学祭」,東広島市生涯学習部主催の「生涯学習フェスティバル」にて幼稚園児~小学生中学年を対象としたアートワークショップを行っております。幼稚園や学校で行われる美術制作よりももっと身近に,簡単に,かつ素敵な作品をつくる活動を企画し運営しております。

・これまで「こいのぼりガーランド」や「七夕くす玉」,「ぶらぶらミノムシ」などといった,季節や年中行事に関連した作品を,「吊って飾ることができる」をテーマに企画してきました。「吊って飾ることができる」ということは,製作している間だけではなく,その作品を子どもがお家にもって帰り,生活空間に飾ることができ,より生活に近い形でアートを常に感じることができるというメリットを持っております。

・また,季節や年中行事に関連させることで,POWARTのアートワークショップに何度来ても新鮮なお気持ちで取り組んでいただけるよう,毎回工夫を凝らしております。中には何度も足を運んでいただいた参加者の方もいらっしゃり,私たちの企画運営の原動力とさせていただいております。

 

④「パワート」作品による展示会

・東広島市民にもっと「パワート」の魅力を知っていただけるよう,自ら企画運営を行い,学生主体の美術展示会を行っております。

・2020年2月,第一回POWART展示会を,東広島市役所のロビーにて開催させていただきました。これまで,東広島市ではあまり目に触れることのなかった「アールブリュット」という新たなアートの世界をテーマに,「アート」の持つ「パワー」を市民の皆様をはじめとした方々に向けて発信する機会となっております。

・5日間という短い会期ではあったにも関わらず,延べ250人を超える方々にご覧頂きました。

メンバー統計情報

男女比

組織概要

名称 学生団体POWART
MENU