戦略企画部の安達優樹部長 は、専務執行役員ということもあり、戦略企画部にとどまらず、常に会社全体を見渡しています。今回のインタビューでも「社会人とはなにか」「働くとはなにか」といった仕事の本質的な部分とともに、クインテットという会社の考え方、求める人材について話してくれました。

 ■常に「成果に対する意識」と「社会貢献意識」を 

-安達さんの仕事内容を教えてください。

私の仕事は主に経営企画と戦略企画です。経営企画では、クインテットの経営状況の分析やそれに基づいた改善の提案、リスク管理、人事採用などを、戦略企画では、クリニックを中心としたクライアントに対して、Webマーケティングをベースとしたコンサルティングを行っています。

-戦略企画部の仕事内容について、もう少し詳しく説明してください。

「クライアントの売上・利益を最大化するために、やれることはなんでもやる」というのがクインテットの理念です。戦略企画部でもそれを実践していて、Webマーケティングの施策を中心にしながらも、売上を伸ばすために必要なら、クライアントの業務にも踏み込んで改善提案をすることもあります。私も含めメンバーは、クライアントに直接出向いて話を聞いたり、数字を分析したり、そういうところから課題を抽出してさまざまな提案をしています。

-戦略企画部で力を入れていることは?

部署というより会社全体として意識しているのは、売上よりも利益を出すところでしょうか。
クインテットのビジネスは基本的に成果報酬モデルなので、利益が出るということはクライアントに貢献できているということにもなります。
案件がたくさんあってバタバタしている中でも、各案件、各クライアントに対する貢献をおざなりにしないことが会社として足場を固めることにつながると思うので、今後もそういう意識を大切に取り組んでいきたいです。


また、そのために必要なのが成果に対する意識ですね。「タスクを割り振られたからやる」のではなく、「成果を出すためになにをやるか」と考えるべきで、さらに言えば、どのような成果を出すことがクライアントや自社にとって良いことなのかを考えて仕事をすること。そこがしっかり意識づけられていないと、日常に流されてしまうように思います。

-成果に対する意識はどうしたら養えると考えていますか?

常にプロフェッショナリズムと社会貢献意識をもつことだと思います。
社会というのは人々の貢献によって成り立っていますから、社会の利便性や利益を享受するのであれば、「社会の一員としてしっかり貢献する意識」をもつべきだと考えています。
ただ、一人ではそれほど大きなことはできませんから、より大きく社会に貢献していこうと思ったら、目指すものや考え方が一致している人が集まって実現していけばいい。それが集団であり、企業だと思います。
「企業に就職することってなんなのか」を考えると、社会に貢献する集団に自身が貢献することで給料という対価を得ているわけで、その意味からも社会貢献意識は大事なものの一つだと思います。

 ■会社のビジョンを共有する「理念共感採用」 

-では、個人的に今度取り組んでいきたいことを教えてください。

私がクインテットに入社したのは、松下社長から実現したい構想を聞き、それに共感したからです。
今までやってきた事業はその構想から外れていませんし、新規事業として進めている『Pando(パンドゥ)』は、よりダイレクトにアプローチするものだと思っています。


今後取り組みたいことを挙げるなら、やはりクインテットが目指すものの実現です。それに対してどれだけ貢献できるかがやりがいの源であり、やりがいをもって働けることが自分自身の向上にもつながっています。会社のビジョンの実現を目指す中で、自分のスキルや経験などがついてくるのかな、と思っています。

-「社長の構想に共感した」とのお話しですが、クインテットでは「理念共感採用」を推進しています。これはどのようなものなのでしょうか?

今の求人市場では、条件や環境、福利厚生などがクローズアップされていますが、そういった考え方しか提供されていないと、求職者も「そういうものなのかな」という感じで条件面の比較で就職活動をしてしまいます。

AIが発達したり、ベーシックインカムが導入されたりすると、少しずつ働かなくていい世の中になっていくかもしれません。そのような中で重要になるのが、なんのために働くのかということで、「世の中に役に立ちたいから」とか「○○○を提供したいから」といったことがよりクローズアップされるようになるでしょう。


それは、先ほどお話しした社会貢献意識ともつながっていて、会社のビジョンやミッションに共感し、それを実現するためにその会社で働くという形になっていくということ。今後、そこが純化されていくと考えていますので、それにのっとった「理念共感採用」は、今の社会で求められている、また今後より求められる王道だと思います。
クインテットでは、本当にこの会社でこの仕事をやりたいと思ってくれる人を採用しようと、理念の共感を重視しています。

-クインテットの理念に共感してくれているかどうかの判断軸は?

まずはクインテットの理念を知ってもらえているか、さらに理解してもらえているかというところですね。言葉で知っていても、その言葉がなにを意図しているのか、アウトプットされた事業が本当に理念を反映しているのかまで理解してもらえているのか、というところでしょうか。
選考ステップの中で少しずつ理解を深めてもらい、最終選考までに理解できていて、自身が理念の実現に向かって事業に携わっていきたいと思っているかどうかを重視したいと考えています。

 ■思いに向かって全力になれる人と働きたい 

-こういう人と働きたいという具体的な人物像は?

思いをもって入って来てくれるとするなら、その思いに向かって全力で取り組める人です。周りに流されず、自分の頭で考えて「こうだ!」と思えるものに向かって突き進める人に来てもらえたらいいですね。 


全力で取り組めるかどうかは、経験や体感としてやってきている人、習慣づいている人でないと難しい面はあるかもしれません。いきなりできるものではないと思うので。加えて、表面的でなく、真摯にそこに向かって取り組める人。その2つが重要だと考えています。

-最後に、会社の良さをアピールするとともに読者へのメッセージをお願いします。

どの会社にもビジョンはありますが、それに向かって事業を構築している企業は少ないかもしれません。クインテットは、本気でビジョンを実現しようしとしています。建前ではなく、真摯に取り組んでいるので、やりたいこと、貢献していきたいことが実現できます。ビジョンに共感してもらえるなら、ぜひ来てください。


**【お ま け】************

―安達さん、休日の楽しみは?

平日は帰宅すると子供がすでに寝ていることが多いので、休日一緒に遊ぶことが楽しみです。
一日中動き回れる子供の体力に全然ついていけないのが悩みではあります。

趣味はフットサルや旅行でしょうか。
新しい部署を担当するようになって間もないため、今年に入ってなかなかそのための時間が取れていないのですが、部門運営が軌道に乗ってきたら時間管理も適正化されてくるはずなので、その時を楽しみにしています。

********************


小 山 <koyama> さんに関心を持たれた方へ


採用検索 - 詳細条件の設定