ビジョンやマインドの相互サポーター

組織とは、人の集合体です。それぞれは個々に信念があり、ビジョンがあり、雑念の呪縛もありながら、より良く存在しようとして、組織の中で協働します。

マネジメントの理想は、組織メンバーそれぞれのビジョンやマインドに対して、それぞれが自分自身に向き合って、自己完結的にセルフマネジメントを行えるようにし、かつ相互にビジョンやマインドを尊重しながら、それを支え合う関係性が構築される状態だと思っています。

当社では、まだまだ道半ばですが、そのようなセルフマネジメントと相互サポート関係を、それぞれが心の底から持つビジョンやマインドを軸として構築していこうとしています。

私もこの事業実現の為に集ったメンバーのビジョンやマインドを尊重し、支え続ける者として存在していきたいと思っています。

ビジョンやマインドを1つ1つの仕事に吹き込んで納得できる仕事をする時に、それを阻むのはそれぞれが持つ雑念です。雑念の呪縛からの解放に、自分自身が挑みながら、互いに雑念からの解放に向けて支え合う、それが目指す組織作りです。

自信がない、時間が無い、あれが無いこれが無い、あれのせいこれのせい、あれが悪いこれが悪い。こうした雑念の呪縛は私達が心の底から納得出来る自分として存在して生きるという歩みの足取りを重いものにしてしまいます。雑念を捨て去っていくことに慣れさえすれば、爽快に人生を自分の心から納得出来る方向に歩んでいけます。

雑念の呪縛からの解放に、お互いがビジョンやマインドのサポーターとして支え合うことが出来れば、不平不満を持ち寄るのではなく、それぞれがより良く関係し合える集いとなるでしょう。

そんな組織の実現に向けて、今日もまた一歩前進したいと思います。


いいね

関連記事

MENU