ビジョンとマインドと私 〜 見聞観聴

さて、ビジョンとマインドと私】と題して連載記事を執筆していますが、今回は、私のマインドに記したよく観て、よく聴くについてお話したいと思います。

牛尾 好宏さんのマインド

  • 最悪を想定して最善を尽くす
  • 常識や固定概念に縛られない思考
  • 即応性・スピード感を最大限意識する

漢字の違い

「よく見て」ではなく「よく観て

「よく聞いて」ではなく「よく聴いて

あえて【観】と【聴】という漢字を使っているのには、ちゃんと意味があります。


意味:みる。目でみわける。みえる。


意味:声や音が耳にはいる。きこえる。きく。ききしる。


意味:よく見る。わきからながめる。


意味:よく聞いて判断する。正しくきく。

辞書を引いてみても、【観】と【聴】には「よく」という言葉が付いています。

私のニュアンスとしても【見】は、ただ視覚的に目に入っているだけの状態をイメージしていて、【聞】も物理的に耳に振動が伝わっているだけの状態をイメージしています。

ビジョンにしても、マインドにしても、醸成には「分析」という工程が必要不可欠だと考えていますが、物事を捉えるにつけ、人物を知るにつけ、だた見えているだけ、ただ聞こえているだけの状態では分析に至っていないので、ただの視覚・聴覚情報に過ぎません。

やはり状態としては

傾聴(意味:熱心にきくこと)」の【聴】
観察(意味:事物の現象を自然の状態のまま客観的に見ること)」の【観】

でなければならないな、と。

実は知らなかったんですが(←おい!)、ちゃんと調べたら、由緒ある(異論は認めるw)ところの文献を見つけました!

https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/151.html

ただ単に「きく」場合は一般に「聞く」を使い、注意深く(身を入れて)、あるいは進んで耳を傾ける場合には「聴く」を使います。「音楽を聴く」「講義を聴く」

私の考えが裏付けられた瞬間でした!!


メンバーの声に耳を傾ける

昔から私は人の話を聞かない人でして・・・
ですが、この立場で仕事をして、この記事にも書いたとおり紛いなりにも「理想の上司像」を目指すものとしては、ちゃんと聞くことをしなければと思い至ったわけです。
(具体的なきっかけ自体は、俳優時代にさかのぼりますが、それはまたいつか・・・)

I am a HERO!

牛尾 好宏
株式会社クインテット

で、実際に行っていることとしては【個人面談】があります。
これは私が少なくとも部長になったときにはやっていたことです。

目的はとにかく「メンバーの声に耳を傾ける」だったので、当初はとりとめのない雑談から始めました。

でもその雑談から、いろんな意見が飛び交って、雑談の中で単純に仲良くなって互いの人となりをより理解できていくうちに、「ここだけの話」というような、ちょっと言いにくい話とかを打ち明けてくれるようになり・・・。

という感じで進んでいき、仕事の課題や個人の課題、会社の課題など、私にとってこの上ない情報収集の場になりました。

この基本理論をベースにして、テキストベースの週報の独自運用も開始し、【耳を傾ける時間=傾聴】を行うことが出来ました。


メンバーのことをしっかりと見届ける

同じことが【観察】にもいえます。

具体的な施策の最初はデザインレビュー。
メンバーの制作物を私がちゃんと確認して、世に送り出す。
(私が入社した時点で存在してた施策ですけどw)

最初からレビュワーとして機能できていたとも思えませんし、正直、いまでもクリエイティブディレクターを名乗れるような代物ではありません。
ただ、やらなければいろいろと知れないので、いまもずっと欠かさずやってます。

互いに「観てる」「観られている」ということを意識していると、結果も地味に違ってくるものです。

その他にも、(リモートワークでそれが出来ないんですが)仕事中の表情や仕草にも、実は目を配っていました。

ちょっと疲れているような表情をしているメンバーがいたら、こっそりチャットでそれとなく聞いてみたり、事情を知ってそうなメンバーに探りを入れてみるとか・・・。
そういうことは日常的にやってました。


心を開いてもらうには、心を開くことから

で、やっぱりその先には、「心を開いてもらう」ということがあるのですが、私のモットーとしては「心を開いてもらうには、まずは自分の心を開く」を掲げているので、自分からフルオープンにします。

で、結局のところ、実は私自身を【観て】【聴いて】もらっているということになるのです。

相手に言っているときは自分も自分で聴いているし
相手に見せているときも自分で自分を観ている

ということなんですね。


ま、これって、私のマインドがどうこう以前に、部門長という組織を束ねるものの必須能力だと、私は思ってるからやってるだけですけどね。

・・・今日はこのへんで・・・。


=うしお=


いいね
れな
2020-09-06

漢字の意味を拝見させていただきました。
私は最近、毎日寝る前に自分で書いたビジョンとマインドを読み返していますが、少しでも自分の心が開けているのかと感じました。

牛尾 好宏
2020-09-07

コメントありがとうございます。
大変素晴らしい習慣ですね。
心を開くってなかなか難しいと思います。自分の好きなところも嫌なところもさらけ出さなきゃいけないので。
でも、仲良くなるってそういうことだと思うし、仕事でもプラベートでも必要だと思う。
わたしもちょっとずつ、です。

関連記事

MENU