疲れてきたときこそ記事を書く

Pandoには、その時その時の想いを正直に載せて残していきたいと思っているので正直に書くと、今私は入社して最も疲れている、一つ目の山のピークにいるような感覚です。

常に新しいレールを探し続けないといけない。
本当はゴールからのレールは既にひいてあって、そこを進むのが理想だと思いますが、新規事業はゴールすら常に変わり続けるんだと、大変なんだなぁと思います。

こういう時こそのPandoであり。
いつも記事のテーマを何にしようか迷うのですが、今回は迷わず「原点回帰」をテーマにした記事を書こうと思いました。

‥‥

先日、株式会社麺食の中原代表にお会いさせていただき、
「仕事とは何ぞや」「組織とは何ぞや」と、新卒2年目で聞けることが本当にありがたい、貴重なお話を沢山聞かせていただきました。(インタビュー記事は近日公開予定です。ぜひ、ご覧ください💡)

中原代表のお話を聞いていて、
組織にとっての理念、存在意義を知っていることがいかに幸運なことなのか
改めて考えるきっかけとなりました。

「理念とは、創業者が何を想って企業を創ったのか。
そのベースにあるもので、一番守らなければいけないものである」

‥‥

何のために働くか、人それぞれあって良いと思いますが

自分がなぜこの組織に所属しているのか。
そもそもこの組織の存在意義は何なのか。

このことについて従業員が深く理解出来る環境の大切さは、入社時には全く理解していませんでした。

学生時代からの友人で、今の仕事にやりがいを見いだせず転職を考えている友人がチラホラいます。友人の話を聞いていると、Pandoが提供したい「組織の原点回帰」のニーズは間違いなくあるのだと、強く思います。

今や、入社時には違和感があった
組織ビジョンを従業員が知っていることが当たり前になり、
自分自身のビジョンを考えて行動することが当たり前になっています。

この、意義を理解できる幸せが社会全体にとっての当たり前になるように
未だ見えていない企業の素晴らしい側面をPandoを通して表に出していけるよう、事業部の皆さんと協力して、残り3ヶ月2020年を悔いなく過ごせるよう、歩んでいきたいと思います。

記事を書いていたら、なんとなく元気になりました💪
原点回帰は重要ですね🌱
今月も私はなるみさんに元気をもらいます🐢


いいね
粟本 邦幸
2020-10-01

good job!
本日より最終クォーターです。年末、振り返った時に自分自身が納得できる様に駆け抜けて下さい。

永井 郁佳
2020-10-01

あと3か月、年末に後悔ないような時間を過ごします!!

関連記事

MENU