ビジョンとマインドと私 〜 ビジョン発表会

こんにちは、株式会社クインテットの牛尾です。

さて、「連載する」といいつつ久しく執筆してなかったビジョンとマインドと私シリーズですが、先日、「ビジョン発表会」なるものを社内で行い、動画撮影もしていたので、その様子を共有します。

https://pando.life/@y.ushio/vision
https://pando.life/@y.ushio/mind

牛尾 好宏さんのビジョン

  • 私の人生の意義は【伝承】
  • 他人(ひと)や社会のために自分の能力を使いたい
  • ビジョンに関連する記事

牛尾 好宏さんのマインド

  • 最悪を想定して最善を尽くす
  • 常識や固定概念に縛られない思考
  • 即応性・スピード感を最大限意識する

ちなみに、この会では「ファシリテーション(司会)」も行っていて、その最後のあいさつとして語ったものが、先日の以下の記事です。

https://pando.life/qwintet/article/43621

何故ビジョンは必要なのか

牛尾 好宏
株式会社クインテット

動画

原稿も掲載しますが、アドリブで3倍以上喋っているので、動画の方を見てもらいたいです。

補足

ビジョンゼロ

発表の冒頭を意図的にセンセーショナルにすることで聴講者を引きつける手法を取っているので「ビジョンゼロ」と発言してますが、パーソナルなビジョンも持ってはいます。
ただ、それは人にべらべらと喋らないことに決めている内容なので、控えさせていただきたいと思っています。
その辺の考えは以下の記事の【誇れる自分と秘めたる想い】という項で書いています。

https://pando.life/qwintet/article/37466

ビジョンとマインドと私 〜 ビジョン・マインドの根源とは?

牛尾 好宏
株式会社クインテット

(質疑応答)ペース配分をするな

時間がなかったのでかなり真意を端折ってしまっていますが、「ペース配分をするな」というのは、決してパワハラ的発言ではありません。
そもそもやっていることが肉体表現であり体力勝負の部分もあるので、稽古中からペース配分をして力を抑えていたら、実際の2時間もの舞台に耐えられないので、稽古中から体力を向上させるためにも100%以上を発揮すべきだ、ということです。
私の先輩が主催する劇団では、毎稽古前に1時間以上の肉体訓練(トレーニング)やランニングを取り入れていると聞いたことがあります。
その方の舞台はかなり肉体的にハードな作品も多くあるため、その公演を連日複数回、事故なくこなすには、アスリート並みのトレーニングが必要になります。
あくまで肉体的鍛錬、ということです。
それが精神鍛錬にもつながるのですが。

精神面で言うと、ガンガン、ペース配分すべきと考えます。


感想

自分で時間を図らず(時計のタイマー押し忘れてました・・・)臨んだのですが、指定時間5文ぴったりだったことに編集事に気がついて驚きましたw

5分+質疑応答3分程度、というタイムテーブルでしたが、どう考えてもビジョン語るには時間が足りなかったですね。

位置づけとして恐らく「紹介と解説」みたいな感じだったので、もし次回とかあるなら、【語る】というものにして、15分くらい使って解説したいですね。

あと記事にするよりも体感として時間がかからないと感じる点と、記事よりもエモーショナルにできるという点がメリットでした。

ただ、準備も含めると結構時間がかかるので、その点はデメリットかも。

それと逆のこと、つまり「お悩み相談」的なこともやってみたいな、とも思いました。


原稿

パーソナルな意味でのビジョンはほぼ「0(ゼロ)」

書いたことが嘘かと言うと、そういうことではない

俳優業を引退したときに、ビジョンがなくなった

ただ、その過程で得た経験や知識にはとても意味があると感じている 

それを無駄にするのはもったいない
すごく大切なものだから、それを誰かにも活かして欲しい


だから「伝承」


伝えた相手がビジョンを叶えられたら、自分も嬉しい

自分のような小さな人間一人では出来ないようなことも、そうやって協力することで出来るかもしれない


相手にとって意味ある伝承をするためには

どういう視点である必要があるのか?
何をすれば良いのか?
自分はどうあるべきなのか?

だから「マインド100」の人間になった
まだまだたくさんのマインドがあって、もっと伝えていきたい

いまビジョンが見えなかったとしても
何かを懸命に行っていく中で
必然的に見えてくるものではないかな
と思っている




いずれにしても、意識的に早口を直さねば・・・
何喋ってるか分かってる自分でも、ちょっと早すぎて何言ったかわからない時がある・・・


=うしお=


いいね

関連記事

MENU