2020年と2021年

2020年に向けた決意を読み返してみると、自分のビジョンを達成していく意気込みを改めて思い出した。この1年はイレギュラーな年だったと思うがなに不自由なく過ごす事ができ家族や友人、クインテットの皆様には本当に感謝。

2020年への決意

甘粕 僚汰
株式会社クインテット

今年は自分の掲げたビジョンに向かった第一歩だと、昨年考えていた。
これまで、明確なビジョンを掲げていた訳では無かったため、ある意味では挑戦だった。

掲げたにも関わらず、少ししんどい時や楽をしたいときには後回しにしたり、少し楽をし逃げてしまう事が多々あった。まだまだ気持ちが足りない部分が多くあった。今一度自分のビジョン信念を強く胸に刻み習慣にする。

その中でも、成長した部分はあった。
少し逃げてしまう事もあったが、ビジョンを掲げたことにより意識して取り組める様になった。
意識して取り組むことで、当事者意識が生まれ、物事に対し前のめりになったと感じる。
「やるぞ!」と言う気持ちであったり、根性がついた。

これは大きく2つの出来事の影響がある。

インターン

3月までのインターンとしての期間が大きく自分を成長させてくれた。
インターンの時の目標を達成した状態で4月を迎えられた事が大きい。

教育担当であった永井さんが「目標を達成できるかできないかは今後の甘粕くんの社会人人生を左右する」と言う熱い想いを持って接していただいた。
自分自身も未達成のまま4月スタートするのは後味が悪いと言う想い、達成したいと言う強い想いを持ち、土日も「どうしたら達成できるか」ずっと考えていた。
結果、達成し4月を迎える事ができた。

永井さん本当にありがとうございました。
来年は自分の後輩へと受け継ぎます。

永井 郁佳

株式会社クインテット 学生支援課

企業営業課

もう一つは、7月に児島さんのもと、4名でスタートした企業営業課。
社会人1年目でなにも知らない自分だったが、イベント出展やオンラインセミナーなど、ゼロからスタートする仕事に携われた事がとても大きかった。
「俺は新卒」なんて思うことなく取り組んだ。
(思わなかったし、当然思ってる場合でも無かった)
そんな中で、4人が同じ方向を向いて一所懸命に取り組んだ。
「このチームで成果を残したい!」その想い一つだった。

このチームに所属し、ゼロからスタートした企業営業課で取り組んだ全ての出来事が自分を着火させた。
Pandoをやる姿勢が整った。

この1年の出来事は、これからの人生に一生心に刻まれる最重要な1年になったことは間違いない。

成長した部分はちゃんとあったかと思うのでシャンパンを開けて年を越そう🍾

“成長を成長で終わらせない”

これを2021年のテーマにする。

2020年は確かに成長できた。その成長した部分を生かし、何かを生み出す。
それは社会や会社への貢献と言う形で残していく。
求められていることは明確。そこにコミットしていく。

そして自分に教えていただいたことを、さらにアップデートさせ後輩に受け継ぐ。
早くも来年には後輩が入ってくる。

自分にとって19卒の先輩方の背中はかなり大きい。
特にインターンでは永井さん、企業営業課では宮井さん
1年を通してずっと面倒を見てくださったおかげで今がある。

宮井 蒼一郎

株式会社クインテット 学生支援課

自分が学んだこと、成長したことを更にアップデートさせ、後輩へと受け継ぐ。
これが自分の使命でもあり、永井さん宮井さんへの恩返しでもあると。

余談

  • 運動を継続する。

全くと言っていいほど運動をしなくなってしまったので、来年は運動を継続して行う。

  • ガンバ大阪🔵⚫

今年はリーグ2位。来年はアジアNo1を決める大会にも出場が決まったので、日本王者とアジア王者を目指し、全力で闘う(応援)。


いいね

ストック
松下 耕三
2020-12-31

お疲れ様です。
サービスをご利用頂く方々に貢献する、ここを常に見据えていっていきましょう。
我々の事業の価値はそれによって生み出されるのです。
今年、少なからず甘粕君の熱量がこの事業部を牽引しました。
来年は決意されている通り、貢献によって牽引していく、リーダーシップを
発揮してもらえればと期待しています。
美味しいシャンパンで年を越し、よいお年をお迎えください!!

甘粕 僚汰
2020-12-31

松下社長、ありがとございます。
「サービスをご利用頂く方々に貢献する」しっかりと見据え、取り組みます。

来年もよろしくお願い申し上げます。

関連記事

MENU