就活失敗談~こうして私は乗り越えた~

👟👞👠

くつ、くつ、靴!(タイトルです)

就活生の皆さん、元気に歩いてますか??🚶‍♀️🚶‍♂️🚶‍♀️🚶‍♂️
重たい足を頑張って動かして、毎日企業訪問や面接に出向いたり、説明会や1dayインターンに行ってみたりと、忙しくされていることかと思います。

本当に本当にすごい。本当に本当に本当にお疲れ様です!!!!

「就活失敗談」がテーマということで、これ話すしかない!!と思ったこと。

それは【靴】の話。

リクルートスーツにストッキング、パンプス。というスタイルは女子就活生の基本スタイルかと思いますが、パンプス選びって……マジでめちゃくちゃ大変じゃないですか?

私は通販で買った合わないパンプスをはいた結果、ひどい靴ずれを起こしてしまって、普通に歩けなくなったことがありました。
靴擦れが鬱すぎて説明会もキャンセルしたことがありますし、
就活以外の時も特定の楽な靴しか履けなくてかなり嫌でした。靴選び本当に失敗したなあ…と思いました。

靴擦れなんかで説明会キャンセル??と思うかもしれませんが、かかとの皮向け&流血+薬指の水膨れ+母指球のヒリヒリともあればもう歩きたくないです正直…


実は企業の採用担当の人は、靴のことそんなに気にしてない。

就活だししっかりした格好じゃなきゃダメ。
企業の人に「マナーがなってない」と思われたくない。

そんな風に思ってしまって、頑張ってパンプスをはいている皆さん(私もそうでした)、実際のところ、企業の採用担当者の約8割が「スニーカーでも気にしない」と思っているそうです。

企業にスニーカーで行きます!と一報入れてから面接などに臨んだことがあるという話も私の友人から聞きました。

スニーカーで面接はアリ? - 採用担当者の意外な答えとは | マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20200303-986956/

もちろん、企業ごと・職種ごとに評価軸や見ているポイントは異なるので一概には言えませんが、個人的にはこれは意外な結果でした。就活と言えばパンプス!革靴!というイメージだったので…

ちなみに、弊社の採用担当の浅田さんにもお話を伺ってみたところ…

浅田 史生

株式会社クインテット 総務課

スニーカーで面接などに来る就活生にマイナスイメージを抱きますか?

  • スニーカーに対してはマイナスには思わないです。私服で就活賛成派なので気にならないです。
    気になるとすれば、靴の汚れとかの方が気になるかも知れませんね。

もし、「靴擦れのため、パンプス(or革靴)ではなくスニーカーで伺います」などの連絡があったらその就活生に対してはどう思いますか?

  • 嬉しいですね。本人なりに相手のことを考え、細部に配慮ができる方という印象を持つかもしれません。ポジティブな印象を持つことは間違いないです。


ふむふむ。ということで、少なくとも弊社はスニーカーOK!でした。
一番大事なのは”清潔感”と、”気持ち”。というところですね。( ..)φ
実際問題、弊社内で毎日スーツで出勤される方は少数派で、服装規定もきびしくあるわけではないので、自分らしく清潔感のある格好でなら全く問題なさそうですね!


結局、靴どうした?

靴擦れのその後。自分に合うパンプスを近所の靴屋さんで試着し倒して選びました。

この時に「fuwaraku(ふわらく)」というメーカーさんのパンプスに出会って、就活が5割り増しくらいで楽になりました。盛ってません、靴って大事です。

もし同じように靴擦れいやだな…と思っている就活女子の方がいれば、ふわらくのパンプスを心からおすすめします!!! ※決してふわらくの広報さんではありません

「どうしてもパンプスが合わない」
「自分の足幅に合う靴が無い」
「遅刻しそうなときに走っても脱げないパンプスが欲しい!」

そんな皆さん、ぜひふわらくパンプスで、”楽にがんばってみる”ことをおすすめします👠
※何度も言いますが、ふわらくの広報担当さんではありません。
※ふわらくさんは「もっとラクにがんばれるパンプス」というコンセプトやヒストリーがとってもとっても素敵ですhttps://fuwaraku.jp/history/
※広報さんではありません。本当です。


まとめ

毎日頑張っている就活生の皆さんが、少しでも”楽に”、”ストレスなく”過ごすことができればいいなと思い、こちらの記事を書きました。
(心構え!とか自己分析!とかの話ではないので…参考になるかは正直わかりませんが…)

スーツやパンプス、革靴…と、「こう在らなければならない」という世の中の圧力みたいなものがあると、やっぱりちょっと疲れるなあということはあると思うし(私もそうでした)、
今就活されている皆さんも髪型、服装にもとても気を使って、いろんなことを考えながら就活されていると思います。

「絶対にこの格好をしなければいけない」とか、「男性だから/女性だからこういう風にしなければいけない」といった、その人の個性が尊重されないような雰囲気も、私はあるべきではないと思っていますし、この記事で言いたいことはそういうこと(絶対にこの靴の方がいい!みたいなこと)ではなく、「自分らしく就活する何かのヒントになればな~」とこの記事を書いています。


少しでもあなたが自分らしく、ありのまま頑張れるように、
しっかり地に足付けて踏ん張れるように、
まずは自分に合う靴を探してみるのも、もしかしたらいいかもしれません。

皆さんらしい未来を、応援しています👠👞

就活失敗談~こうして私は乗り越えた~
13件
手島智美
2021.06.22

素敵な記事をありがとうございます👠✨
私自身は「見た目で判断するような会社には行かない!」と変にこじらせた就活生で、逆になぜパンプス、リクルートスーツを企業が指定するのか?という相手側の視点が全く足りてなかったなと今になって感じます😂
齋藤さんのこの記事に就活生の時に出会いたかった。。。!と思うくらい、丁寧で思いやりのある文章だと感じました!頑張ってる就活生に読んでもらいたいです!

さいとう
2021.06.22

コメントありがとうございます!😊
「見た目で判断するような会社にはいかない!!」って思うのとてもわかります!私も就活生の定型みたいな格好とメイクをしなければ浮いてしまう…みたいなのが嫌でした!

企業側が服装を指定するのは、業界的な側面ももちろんあると思うんですが、「就活生側がどういう服装がいいのか右往左往しないように」のような配慮もあるのかな、なんて思います(実際、就活生の時に服装指定されてないと「どーすんだコレ!?」と困ったこともあるので…指定されていると大変な日々の中就活する身としてはらくちんでした!笑)

とはいえやっぱり「こういう格好で来てね」ということで窮屈に思ってしまう人とかももちろんいますし、双方のいい塩梅を見つけることは難しいですよね~💦
なので、自分らしさを変に我慢しなくていいんだよ~ということが子の記事で伝わればいいなと思っています!
ステキなコメント、とても嬉しかったです!ありがとうございます。

れな
2021.06.22

私は、面接時に革靴を履いていました。
それは進路担当の教員からご指示をいただいていたことや学校で”企業へ面接に行く時は必ず革靴でいかないといけない"という校則がありました。
この記事を拝読し「面接時」のことを改めて思いだすきっかけとなりました👍
ありがとうございます!

さいとう
2021.06.22

コメントありがとうございます!!
そういう校則の場合もあるんですね!!勉強になります👠
清潔感やきちんとした感じを表したい!というときに革靴というのはとっても良い靴ですよね~!!私も革靴大好きです!TPOを考えると最強の装備です👠

こちらこそ、読んでいただきありがとうございました!!

ながい
2021.06.21

齋藤さんらしいユニークな👟👠な記事でした😂
私は就活生時代、マイナビ✖️洋服の青山のパンプスに出会い、就活へのイメージが少し明るくなりました。それくらい重要なことだと思います。そして出会える会社が広がれば、靴も立派なものですね!

さいとう
2021.06.22

わ~~~嬉しいコメント、ありがとうございます!!
靴ってとっても大事ですよね。就活の時もそうですが、落ち込んでちょっとうつむくと一番最初に目に入ってくるものって靴だと思うんですよ。
だからこそ、お気に入りの靴を履くことはとってもモチベーションになることだと思っています😊😊
靴や洋服のように、「これだ!ぴったり!」という会社に出会う旅をすることが就活だと思うので、自分らしい就活をする第一歩として靴に目を向けてみるのもいいんじゃないかな~という考えを頑張ってまとめた記事でした!

関連記事