ビジョンはどこからやってくるのか?

32 ビジョン

いいね

個人や組織が最高の状態で生きられる環境を創る、これがPando事業の一つの命題です。そのカギを握るのが、人や組織が持つビジョンです。だからPandoにはわざわざビジョンを書くページが用意されています。

その人が何者であるかを知る鍵であり、その組織が何者であるかを知る鍵であるビジョン。今、多くの人々、特に若者達がより良い人生を送れるようにしようと、この事業に取り組み始めた中で、一つの壁が見えてきました。

ビジョンが書けない!!!

学生の方々だけではないんです。今、社会人として仕事をする人々が書けない。それは私の想定以上の状況でした。それに対して私の中からは沸々と、どうなっているんだこの世の中は!!!という想いが湧いてきます。

ビジョンはどこからやってくる?

さて、ビジョンはいったいどこからどうやって人にセットされるんでしょうか?
私には何としても成さねばならぬ、何としても成し遂げねばならない使命があります。その使命を実現させた未来像が描かれています。それはどこからやってきたのでしょうか?

例えば今日の一日、私は多くの湧き上がる想いの中で過ごしました。昨日も多くの湧き上がる想いの中で過ごしました。その前の日の日曜日も同じく多くの湧き上がる想いの中で過ごしました。

日曜日はメインスポンサーをさせて頂いたダンス教育指導者コンクールを拝見させて頂きました。ダンスを通じた生きる力の教育の意味を考えさせられるとともに、高校生を中心としたダンスパフォーマンスを観て、この若者達の生きるパワーに蓋をしない社会にせねばならない、と感じました。

昨日は、大手クライアント様と面談をさせて頂き、改めてこれまで我々のメディア事業を支えて頂いていることに感謝を感じるとともに、我々のまだまだ至らぬところを感じたところでありました。また、以前からご指導を頂いている元文部科学大臣の馳浩先生の政経セミナーに参加し、日本の教育をリードする馳先生のご活躍、ご決意をお聞きし、我々もこの国の未来の為、力を尽くさねばと思いました。

今日も、マーケティング支援事業の課題に向き合い、口コミ広場事業の課題に向き合い、Pandoの機能改善と、運用課題に向き合う一日でした。ネオ倶楽部様とのお打合せでは、ここに集う我々がどこまで本気で人々のより良い人生を願えているのか、若者達の人生を豊かにしたいと願えているのか、まだまだ全然足りてないと痛感するところでした。

日々、向き合う物事に本気で向き合えば、自分の中から多くの想いが湧きだし、溢れてくるものです。それを感じないとしたら、本気で、最高の人生を生きようと出来ていないからです。加えて、無意識に自分の中から湧き出すものを押し殺してしまっているかもしれません。

自分の中から湧き出す想いこそが、ビジョンの産みの親です。日々湧き出す想いの集積が、その湧き出す想いに蓋をしたり、諦めたりせずに、そこを追い求めていく積み重ねの中で、自分が本当にどんな未来を望んでいるのか、何を求めているのか、そうした自分の真の意思を見出すことができます。

そうして描かれる、自分自身が切望する未来こそがビジョンです。こんな世界にしたい、こんな問題を解決したい、死を宣告されるような不治の病の患者に生きる希望の光を灯したい、生まれた環境で可能性が閉ざされてしまうことのない社会に変えていきたい、若者達を元気にしたい…
それぞれが心から願う想いが描き出すものこそがビジョンなのです。ビジョンが無いわけがないのです。誰にでも心の底から思い描かれるビジョンがあるのです。

自分の中から湧き出す想いは何だ!

自分が本気で向き合えるものがあって、そこに全力で取り組むとき、湧き出す想いをありのままに受け止めてみましょう。それこそが本当の自分自身の想いです。他人から思わされているものではなく、自分の中から湧き出す本当の私です。

どんなことをどんな風に感じるのか、どんなことにどんな想いが湧き出すか、その想いを、その感覚を書いてみましょう。言葉にして明確にしていきましょう。必ずそこから自分がどんな風に生きたいのかが見えてきます。どうせ出来ないとか、考えてもしょうがないとか、諦めてきたことも見えてきます。

そうして何をすれば心の底から生き甲斐というエネルギーが湧き出すかが見えてくるはずです。どんなことによって、本当に心が満たされるのかが見えてくるはずです。

このように自分自身に向き合えば、ビジョンは輪郭を現します。

ビジョンで繋がろう、湧き出す想いで繋がろう!

Pandoの事業を通じて、このプラットフォームの中で、我々が実現しようとしているのは、人々の中から湧き出す想いと想いを共鳴させることです。事業家の腹の底から湧き出すこんな世界を創りたいというビジョンと、その事業にジョインするメンバーの心の底から湧き出す強い願いが響き合えるなら、絶大な意志の力が引き出されるでしょう。他人から与えられるのではなく、メンバー一人一人の内からモチベーションが湧き出す状況で、個人は生き甲斐に満ち、事業は発展を遂げることが出来るでしょう。

モチベーションは決して他人から与えてもらうだけのものではありません。むしろ自分の中から無限に湧き出すモチベーションこそが、本物のモチベーションです。枯れることない生き甲斐の源泉です。

ビジョンは設定するものではなく、

ビジョンを掲げるから意欲が湧くのでもない、

湧き出す想いから産み出されるものが真のビジョンである。

故にビジョンに向かえば、自ずと意欲の湧き上がる毎日が待っている!

生き甲斐に溢れた毎日が待っている!



アカウント登録をするとコメントを書くことができます

関連記事

MENU