令和になって、昭和のような暮らしを体感する

新型コロナウィルスの蔓延によって大きく生活を制限されて丸1年。
今まで一番家になかった私が一転、最も家にいる時間が長くなるというイレギュラーももうすっかり日常に。

休みともなれば夜から釣りだー!キャンプだー!と意気揚々出かけていたものもなかなか難しいご時世となり、近所や家で慎ましく(?)過ごすことがほとんどです。

すると、どうしてこれまで無かったのだろうと思うほどご近所との交流は増えていきました、私はこれまで「近くにも人が住んでいる」という情報はあっても、実感はしていなかったのだと気づきました。

近所の子供の名前がすべて言える。
会ったら世間話ができる。
ご近所の人がどんな仕事をしているのかわかる。

コロナ渦以前の自分では考えられないほどのコミュ力を発揮してしまい、今では妻以上のご近所付き合いスキルを獲得するまでになりました。

懐かしい香りのする生活

また、これまでの休日といえば、親の趣味に合わせて釣りやキャンプといったハード系アウトドアだったものも、近場で制限してみるとこれまで見えていなかった遊びも見えてきました。

家から徒歩5分の細い小川に魚が見えたので釣って観察してみたり。

小学生ぶりにカブトムシ・クワガタ採集に夜な夜な徘徊してみたり。

ほかにも庭でプールを広げれば近所の子供たちが大集合し、バーベキューをしたら隣の家のお父さんがビール片手に出てきてちゃっかり混じっていたり。

もしコロナがなかったら、きっと今でもご近所とは赤の他人で、夜まで人気のない家の人と認識されていたのだと思います。

家庭を持って実感する、近所付き合いの大事さ

それはたまたま私が出社のため家を空けていた時のこと。
次女が下校してきた際に家の鍵を忘れてしまい、家の前で呆然と座っていた時に2軒となりのお母さんが心配して声をかけ、保護してもらったことがありました。

次女は小学2年生で、7月とはいえ炎天下の中じっとしていたら熱中症の危険もありました。
もし自分が同じ立場になったとして、まったく交流が無いお家の子を保護することはできません、下手をすれば誘拐扱いです。

しかし、普段から家同士の交流があればそれは誘拐ではなく保護となります(相手がどう認識するかは別として)、私自身とてもありがたく感じました。

また、別のケースでは、まだ小さいお子さんが家の中から鍵をかけてしまい、慌てたご近所さんがハシゴを持ってたら窓から入れるので貸してほしいと訪ねてきた事がありました。

ハシゴはなかったものの、別の家のお父さんと協力してなんとか2階に上がり事なきを得ました。これも普段私が家にいるとご近所さんが認識していたからこそ訪ねることができたのだと思います。

正直独身の頃は近所付き合いは面倒なので、なるべく目立たず関わらずで過ごしてきましたが、子供がいる場合、自分以外の大人が近くにいるというのは殊の外重要なことだったのだと、このコロナ渦で実感することとなりました。

実は昭和に生きてないのですが・・・

昭和の香りが〜とか言いながら私平成生まれなのでまるっきり嘘なのですが、感覚として。家の外で子供たちが安心して遊べる、ご近所の人となりがわかる、周りのお家や子供に何かあった時に助け合える。

少なくとも私が生きた平成の時代、地域ではすでにそういった文化は廃れていました。

現代ではすっかり忘れ去られていた昔ながらの光景が、今日本中のいたるところで再現されているのでしょう。
そういった繋がりや助け合いはコロナが収束したあともきっと残ってくれると信じたいですね。

【記事リレー】趣味・プライベートレポート
5件
渡邊 朝樹
2021.07.27

なんだか、ほっこりしますね。いい時代というのはこのような気持ちが持てる時間や時代なのかしらと思っています。こういう感覚が続くことも「後世に残す」中に入れたいと感じました。私の子供のころの、「いつもそこにあった風景」です。

Tsubasa Mouri
2021.07.27

後世に残したいものという意見では私も強く同感です!
地域の子供たちを、その地域の大人たちが見守るという、当然のように感じますが今まで全然できている実感がありませんでした。
向こう三軒両隣の精神がまた日本に根づくといいですね。

Shunsuke
2021.07.27

私は「近所付き合い」と聞くだけで嫌悪感をおぼえていましたが・・・
こうして具体的なエピソードを聞くと、「付き合い」というよりも「助け合い」の関係に近く、お互いにプラスになりうるものだなと感じました。
まずは自分をオープンにすることが大事ですよね🚪

Tsubasa Mouri
2021.07.27

必ずしもウマの合う人が近くにいるというのはくじ引き要素も強いので運ですが、相手とどう接するかは自分で決められます、それでもダメな人というのはきっといるでしょうけど。
せめて隣の人とは愛想よく挨拶できるくらいの環境にしておくと困った時に助かることがあるかもしれませんよ。

れな
2021.07.26

休日の夜から釣りやキャンプは良いですね🎣🏕
そして、カブトムシを久しぶりに見ました笑
いつか、ランチへ行けた時に是非お聞かせください!

Tsubasa Mouri
2021.07.26

意外と探せばまだまだいるもんなんですよね、カブトムシとクワガタ。
そういった隠れスポットも地域の人から教えてもらったりします!

関連記事