【ランチレポート】同期入社?美容医療事業部 中井さんとのランチ

皆さん、こんにちは!
本日は、同期入社?の美容医療事業部 中井さんとのランチをレポートします。

https://pando.life/@kyohsuke0104

中井さんは今年の1月入社され、4月の入社式で一緒でした。
私とは2Fと5Fでフロアも異なる事もあり、普段はなかなかお話する機会がありませんでしたが、同じ営業という事で、ランチでいろいろお話させて頂きました。


まずは、お店紹介
四ツ谷駅近くのしんみち通りにある、「ぶたや 一歩一歩」。
豚丼のお店で、メガ盛りもあるのでのお腹が空いてる時に食べてみてください。
食べ過ぎると午後の仕事に支障をきたすので。。。私たちは普通盛りをチョイス!

中井さんは豚丼

私はソースカツ丼を食べました。

さて、話は中井さんの入社のきっかけについて。
やはり、クインテットの理念への共感。
 ・想いを伝える
 ・信念を貫く
 ・後世に素晴らしい時代を残す
 ・望みを託しながらも、自分自身が思いっきり生きる
今までのご経験を活かせるとして、美容医療の営業に従事されています。

そして、話はPandoについて。
記事を書くタイミングやネタ(テーマ)は大切!
人に興味を持つきっかけになって欲しい!

社内のコミュニケーションで有効なのは、斜めの関係。
斜めの関係とは、若手と部長など歳や役職が違う組合せ。
周りがびっくりする組合せの方がより関心を集めます。
そして、何を話したのかも気になります。
斜めの関係が出来ると、横の繋がり、部署の横断も活性化するのだと予想します。

斜めの関係を作るために、若手社員が部長を選ぶ。
選ばれると嬉しいし、選ばれなければ選ばれるようにして欲しい。そうすると社内の雰囲気も良くなると思います。
早速、Pando導入企業様へ提案してみます!


次に美容医療の営業について。
心掛けている事は、「必要な人になる」

担当しているクリニック様に必要な情報をGive、Give、Give!
そして新しい情報を得る。(Take)
それが他のクリニック様へ提供出来る情報になるかもしれません。
そうやって最新情報を提供し、相手にとって「必要な人になる」

さらに、クリニック様からの生の声を大切にし、クリニック様に提供出来るものは既存の仕事の範囲に縛られず提供し、事業領域を広げていくという、集患+αの仕事をされています。

その積み重ねが、「必要な人になり」、信頼を作っていました。

美容医療という、いっけん専門的な領域の仕事に思えますが、クリニック様や相手にとって「役に立つ」、「必要とされる人」になれる可能性が広く、想像力を発揮出来る、そんなお仕事でした。

​お互いの仕事の事で盛り上がった、ランチでした。

中井さん、ありがとうございました!!

【記事リレー】ランチレポート
3件
中井 恭助
2021.11.02

松永さん
お疲れ様です。
ランチにお誘いいただき嬉しかったです。ありがとうございます。
ご紹介いただいた豚丼もとてもおいしく、充実した時間となりました🐷

松永さんとお話しする中で、自分の考えがまた整理されたように感じます。
尽きるところは“人”なんだと改めて感じました。

社内のメンバーは意識も高く、魅力的な人ばかりだと感じています。
後は、呼応しあう関係性を作ることが、個人としても、会社としても限りない力を発揮する上で必要だと考えます。

考えるだけでなく、行動する。
学ぶだけでなく、行動する。
型はそれぞれではあるものの、働きかける“人”でありたいなと改めて思いました。

次回は私からランチお誘いさせてください☺

松永祥武
2021.11.02

中井さん
ランチでいろいろお話しが聞けて、楽しかったです。
会社や組織では、個人と組織に所属するメンバー同士が高め会える関係がプラスのスパイラルを生みそうですね。
そして自分がきっかけになりたいですね!

またご一緒させてください☺️

関連記事