WEB集客をイチから実践!|第1回WEBコンサル体験ワークショップ開催レポート

コンサルティング マーケティング ワークショップ 20卒 新卒

いいね

春らしい晴れやかな日が続く今日この頃。

皆さんこんにちは。採用担当の下田です。

先日3月16日(金)に大学生向けに「学生向けコンサル体験ワークショップ」を開催。 クインテット流コンサルティングを学生にリアル体験していただけるイベントを開きました。

今回の記事はこのイベントで学べるコンサルとは何かについて書かせていただきます。


クインテット流のコンサルとは
クインテットのコンサルティングでは、成果報酬型のコンサルティングを基本としており、
クライアントの着実な売上貢献を行えるよう、取るべき責任とリスクを果たすことが前提となるコンサルティングです。

取るべきリスクと責任とは、クライアントの目標売上達成のために、
必要な初期投資や人的コストを度外視してでも目標達成を行うコンサルティング手法となります。

一見、それがコンサルティングなのか?と疑われるかも知れませんが、多くの企業がクライアントの目標売上達成が行えない場合でも、
そのプロジェクトや案件にかかった費用や人件費を含め、高額な請求が行われるケースは少なくありません。

その場合、クライアントは、請け負った企業に対して高額な支払いが発生することと、
自社の目標売上が達成されないことで、利益がマイナスになり存続の危機に見舞われることがあります。

一方のコンサルティングを行った企業では、成果を出さずしても売上を伸ばすことができることになります。
自社の利益は確保しつつ、クライアントは存続の危機になるという最悪な状況がそこに生まれます。

このようにお互いWinWinの関係構築が行えないサービスや企業では、
中長期的に繁栄するビジネスの仕組みを構築することができず徐々に衰退し倒産に陥ることになります。

共存共栄、winwinの関係を
クインテットでは、このWinWinの関係構築を行うためにクライアントと共存共栄が行える仕組みとして成果報酬型コンサルティングを行っております。

その目的として、社会貢献と永続的な繁栄を行える仕組みを提供するため、クインテットでは、この成果報酬型コンサルティングを実施しております。

このようにビジネスの根幹であるクライアントへの成果貢献を行う仕組みを分かりやすく解説し、
実際のワークを学生にも行っていただき理解を深めるためのイベントを定期的に開催しております。


※ワークの様子。ペルソナ設計からモノ作りのイロハを体験

▼会社訪問を受け付けております▼

現在ワークショップは不定期開催ですが、ワークショップを企画・運営している「ビジネスプラットフォーム事業部」では、弊社へご興味を持たれた学生さんや求職者の方のために「会社訪問」を受け付けております。日程自由・服装自由なので、ざっくばらんに現場社員と話せる機会としてお気軽にご来社いただけます。
ご来社の際は下記フォームよりお申し込みください。皆様にお会いできることを楽しみにしております!
>> 会社訪問のお申し込みはこちら

アカウント登録をするとコメント・質問を書くことができます


採用検索 - 詳細条件の設定