クインテットでWebコンサルタントとして働くことのやりがいとは?

Webコンサルタント Webマーケティング 中途採用 やりがい

いいね

みなさんは何を基準に仕事選びをしていますか?


人生100年時代という言葉をよく聞くようになりました。

高度成長期以来の日本は脇目もふらず終電まで働き、様々なものを犠牲にするような働き方が良しとされてきましたが、昨今は人々の価値観も多様化しています。

ますます長くなる人生をより充実したものにすることを皆が意識するようになってきています。


政府は未来投資会議で70歳までの雇用を促進するよう改革案を打ち出したとのことです。

皆さんもこれからの長い人生を考えると、より充実感を得られてやりがいのある仕事であるかどうかということを、仕事選びの判断基準の中で優先する方が増えてきているのではないでしょうか。


この記事ではクインテットでWebコンサルタントとして働くことに、どのようなやりがいがあり充実感を得られるのかを紹介します。

皆さんの仕事選び、会社選びの参考になれば幸いです。


従事する事業内容は?

クインテットには主に

「ビジネスプラットフォーム事業」

「口コミメディア事業」

「Webマーケティング支援事業」

の3つの事業があり、Webコンサルタントが属する戦略企画部はその中の「Webマーケティング支援事業」に携わっています。

この事業はクライアントのホームページやWeb広告といったインターネットを通じた集客を中心に据え、クライアントの事業を成功に導くために戦略的にマーケティングを実施するものです。

クインテットは「美容医療の口コミ広場」という美容医療業界で最大規模の口コミメディアを運営していることにより、美容医療のマーケティングに関する知識、ノウハウが多く、業界関係者とのつながりも多くなっています。

そのため、Webマーケティング支援事業においても美容医療クリニックのクライアントが多くなっています。

戦略企画部のメンバーは美容医療クリニックを中心としたクライアントの集客(集患)を実現し、長期的に売上・利益を拡大していくためにWebコンサルタントとして従事しています。

クインテットのWebマーケティング支援の特徴

Web業界には様々な事業内容の会社が存在しています。

Web制作会社、SEO会社、広告代理店、Webコンサルティング会社...

それぞれ、ホームページ制作、検索エンジン最適化(SEO)、Web広告運用、戦略策定(アドバイス)等の業務に特化しており、個別でサービス提供している会社がほとんどです。

一方、クインテットの場合はそれらWebのマーケティングに関する全ての業務をトータルで請け負い、ときにはWeb以外の部分にまで踏み込みます。

全体を統一した戦略で実施し、全体最適化することで、クライアントの売上・利益の最大化を実現します。

尚、売上・利益を向上させた分に対する成果報酬型で報酬をいただく形態としているため、売上・利益の向上がクライアントとクインテットの共通目的となり、より成功しやすくなっています。


Webコンサルタントのやりがい

クインテットにWebコンサルタントとして中途採用で入社を希望する方の応募動機でよく出るのが下記の3つです。


・関係者全員にとってwin-winとなるような、皆に喜ばれる、人の役に立つ仕事がしたい。

・1社のクライアントに深く携わりながら、施策が結果につながったかどうかを知り、継続的な成果向上につなげたい。

・その過程でスキル向上も実現したい。


応募者はWeb制作会社や広告代理店の方が多いです。

一人で数多くのクライアントを同時に担当し、ホームページを制作、またはWeb広告の運用等を実施しているようです。

ところが、単発の制作業務で終わって、そのWebサイトがどれだけクライアントの利益向上に貢献できたかわからなかったり、広告運用であればクライアントから予算を獲得することが目的になってしまったりというのが現状として多いようです。


クインテットのWebマーケティング支援は成果報酬型が基本となります。

実施施策がどれだけ売上向上に貢献できたか数字でわかりますし、クライアントとクインテットの間で売上向上という最終目的が共通化され、お互いがそこに向かうことにインセンティブがあるため、win-winになりやすいという特徴があります。

また、美容医療クリニックがクライアントの場合、美容医療の口コミ広場という口コミサイトも利用してもらうため、患者さんに満足度の高い医療サービスを提供できるようになっていくことは必須条件となってきます。

そのため、クリニック、クインテット、患者さんの3者にとって、ともにwin-winとなることを目指していきます。


クインテットのWebマーケティング支援はクライアントのほぼすべてのマーケティング施策を引き受け、売上という結果にどれだけ貢献できたか確認しながら、対策を進めていきます。

そのため、必然的にクライアントに深く携わり、結果を見ながら継続的な成果向上を実現していけます。

中長期的な成功を目指して、計画を立てて進めていくので、クライアントとの関わりも長いものになります。

これを続けていくことで、コンサルタント自身のスキルも積み重なっていくことになります。

特に経営者等の意思決定者と相対することが多いので、経営を成功させるためにどうすべきかという経営者視点を持ちながら、成果向上と自身のスキル向上を実現していくことができます。


これは非常に稀有な経験ではないでしょうか?

もしあなたが、

「関係者全員に喜ばれる」

「1社のクライアントに深くたずさわる」

「結果を知りながら継続的な成果向上」

「自身のスキル向上」

といったことにやりがいを感じる方であれば、クインテットでWebコンサルタントになってみてはいかがでしょうか?



もっと詳しいお話を聞きたい方はこちらより、お問い合わせください。




採用検索 - 詳細条件の設定